ブログパーツ

繋がり始める歯車 クロックワーク・プラネット 第1話「運命の歯車(ギア・オブ・デスティニー)」 感想




――唐突だが。世界はとっくに滅亡している。
1000 年前に一度滅んだ地球を「Y」と名乗る伝説の時計技師が時計仕掛けで再構築した世界。落ちこぼれの高校生・見浦ナオトは、「Y」が残した自動人形(オートマタ)のリューズ、そして天才時計技師の少女・マリーと出逢う。彼らの能力が噛み合う時、運命の歯車は回り出す。破綻と延命を繰り返し、崩壊寸前の地球(「クロックワーク・プラネット」)を修復するクロックパンク・ファンタジー!



以前、ラノベ板かどっかで都市シリーズや終わクロの自動人形が好きならおすすめと言われてたので視聴。
見た感想としてはむしろBEATLESSのレイシアを彷彿とさせる。

ラブホ前の妄想や膝枕のシーンで萌えたり「何故私を人間の女性のように扱うのですか」でリューズのこれまでに思いを馳せたりしたらアナログハックされてる証拠。
指フェラはあれだろ。機械だから責任を取れないので代わりに責任を取れってあれだろ。

コンテナは落としたというより意図して投下したようにも見えて不穏な気配を感じる。リューズの背景がまだよく分からないからまだなんとも言えないが。

ナオトは聴覚が武器っぽいけど、4兆2076億8643個の歯車の音を聞き分けるとか頭おかしくなりそう。
重力異常に関してナオトは聴力で感知したんだろうけど、マリーは何をもって察したんだろう。

つーかブレゲって実在するフランスの時計メーカーだな。
公式サイトによるとブレゲは五大企業の一つらしいけど、他はパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ&ゾーネ?

小説だと気にならないんだけど、音声で「YY」言われると関西人かな?となる。
多分ないだろうけどポケスペがアニメ化して「わたしはワイよ」と聞いたら笑ってしまう。



原作:榎宮祐・暇奈椿
原作イラスト:茨乃
監督:長澤剛
シリーズ構成:杉原研二
キャラクターデザイン:島村秀一
メカデザイン:寺岡賢司
プロップデザイン:原由知
世界観設定:末武康光・枝松聖
美術デザイン:久保田正宏
美術監督:甲斐政俊
色彩設定:水野多恵子
3DCG:船越勇貴
撮影監督:武原健二
編集:松村正宏
音響監督:本山哲
音楽:兼松衆・中村巴奈重・中野香梨・宝野聡史
OP:fripSide
ED:After the Rain
アニメーション制作:XEBEC
キャスト情報

見浦ナオト:南條愛乃
リューズ:加隈亜衣
マリー・ベル・ブレゲ:大西沙織
ヴァイネイ・ハルター:松田健一郎
アンクル:千本木彩花



ナンジョルノのショタボイスは初めて聞いた気がする。
唐沢君が保志か。ラノベアニメで胡散臭いイケメンを見ると警戒するクセがついてしまった。


オープニングテーマ「clockwork planet」
歌 - fripSide
エンディングテーマ「アンチクロックワイズ」
歌 - After the Rain

EDはひでえな。
こういう言い方は嫌いだったけど、これは歌い手(笑)と言われても仕方ない。




関連記事

テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロックワーク・プラネット 第1話 『運命の歯車』

寿命を迎えた地球は滅亡した。 しかし、歯車だけで地球を再構築? それって、人工惑星になったということですよね。 棺桶に入ったまま、天から降ってきたリューズ。 美少女のリューズは、自動人形(オートマタ)? Intial-Yシリーズ壱番機って? しかし、ベレゲ社の令嬢も口が悪いが リューズも毒舌ですね! 修理してくれた見...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる