ブログパーツ

ライトノベル(右寄りの小説)最高峰 幼女戦記 第壱話「ラインの悪魔」 感想






(立場を)守りたいから私は飛ぶ!


統一暦1923年6月。
金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、
部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。
航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は
何事もなく無事に終わるはずだった。

しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。
協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。
戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、
協商連合軍による奇襲が発生し、
ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。
多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、
しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。
何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、
ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。

“其れは、幼女の皮をかぶった化物――。”



帝国西方、国境付近のライン戦線。帝国にとって共和国による不意の全面攻勢は、完全に想定外の事態であった。対応に追われた帝国軍は辛うじて防衛線を死守し、協商連合へと北進させていた主軍の転進を発令。戦線の再配置を急ピッチで進めるが、やはり対応の遅れは否めず、初戦における多大な損耗は免れなかった。そこで帝国軍参謀本部は、増援として航空魔導部隊を前線に投入。だが増援は新兵ばかりの寄せ集めに過ぎず、劣勢を余儀なくされていた。塹壕線には砲弾が止むことなく炸裂し、爆煙と轟音のなか、多くの兵士たちが次々と銃弾に倒れてゆく。そんな地獄のようなライン戦線には、戦場に似つかわしくない金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフの姿があった。

脚本:猪原健太 絵コンテ:上村泰/谷口宏美 演出:上村泰 作画監督:細越裕治



煙で咳き込んでるデグさん可愛い(ロリヤ並の感想)
こんな可憐な少女をラインの悪魔とは……
悪魔に対する風評被害もいい所だ。神への敵対者という点では合ってるんだが。
そういやアニメじゃ存在Xが出てきてないな。アニメ組はデグさんがチートTS転生したおっさんだと分かんないか。
ヴィーシャがサラリーマン発言を疑問に思う所も、軍人をリーマンになぞらえる事に戸惑ったように見えなくもないし。

PVの時から思ってたけどキャラデザがなかなか慣れない。唇がニジウラセブンみたいになってる時とか特に。

トーチカが安全な訳がないんだよなぁ。
クルスト伍長とハラルド伍長、その場で頭を切開されなかっただけマシかな。
頼りになるヴァイスとグランツの登場が待たれる。

デグさん、折角ヴィーシャをだしにして危険な任務から降りようとしたのに実直な新人には逆効果だったな。
こういう外からの印象とデグさんの内面の勘違い要素がこの作品の魅力の一つなんだけど、アニメだとどこまでやれるか。
とりあえずデグさんの発言の裏には確固たる自己保身があると踏まえて見なくては。

アニメどこまでやるんだろう。尺的にアレーヌ市の“パルチザン”排除まではいかないよな。

アニメ化を機に他の作品も読み直してみたけど更新停止している作品があるのが残念。
オリジナルの「彷徨えるオトラント公爵伝」は再開に特に問題ないだろうけど、Muv-Luv二次の「Lunatic Lunarian」の続編は絶望的かな。ダンまちの作者が書いてた「然もないと」もエタっちゃったし
「職業は何を?勇者です。」や「人形遣い」みたく原作要素を排除してオリジナルとして出版……はまあ無理だろうな。そこまで話数なかったし、仮にやっても多分見ない。

「ハルケギニア南船北竜」は「シャルパンティエの雑貨屋さん」が書籍化しても続きを書いててくれてありがたい。新作の「両片思いのアイアン・アームズ」も面白いよね。

実況見てるとストライクウィッチーズっぽいという感想をちらほら見るな。
実際はリリカルなのは二次の「Another~Fucking Great!~」に影響を受けた作品だが。








原作:カルロ・ゼン(「幼女戦記」/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:篠月しのぶ
監督:上村泰
キャラクターデザイン・総作画監督:細越裕治
シリーズ構成・脚本:猪原健太
副監督:春藤佳奈
サブキャラクターデザイン:谷口宏美、牧孝雄、髙田晴仁
服飾デザイン:谷口宏美
魔導具デザイン:江畑諒真
プロップデザイン:森山洋
銃器デザイン:秋篠Denforword日和、大津直
キーアニメーター:石橋翔祐、栗田新一、堀内博之
エフェクトディレクター:橋本敬史
軍事考証:大藤玲一郎
美術監督:平栁悟
色彩設計:中村千穂
撮影監督:頓所信二
3DCGIディレクター:高橋将人
編集:神宮司由美
音響監督:岩浪美和
音楽:片山修志
アニメーション制作:NUT
製作:幼女戦記製作委員会


メインキャスト
ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
ヴィーシャ:早見沙織
レルゲン:三木眞一郎
ルーデルドルフ:玄田哲章
ゼートゥーア:大塚芳忠

オープニングテーマ「JINGO JUNGLE」
作詞・作曲・歌 - MYTH & ROID
エンディングテーマ「Los! Los! Los!」
作詞 - hotaru / 作曲 - 八木雄一 / 編曲 - eba / 歌 - ターニャ・デグレチャフ(悠木碧)



関連記事

テーマ : 2017年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幼女戦記 第1話 『ラインの悪魔』 軍師かと思ったら兵士だった。

幼女+戦記。この相容れなそうな単語くっつけただけでタイトル的には勝ちだと思います。『BPS バトルプログラマーシラセ』の「少女軍人」に匹敵するものがある。キービジュアルを見た時は「凶悪なツラした幼女だな」と思いました。名家に生まれたので年齢とか経験とかぶっちぎって参謀になった。たかが子供、青書生、文弱の徒と周囲は舐めていたがその戦果と冷酷さにドン引き。幼女だから鉄砲持ったり殴り合いとか厳しい...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる