ブログパーツ

堂々完結 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町-黄金の心」 感想




ついに仗助たちは吉良を追い詰めた!承太郎たちも集まり、絶望の淵に立たされた吉良だったが、それでもなお、助けにやってきた救急隊員の女性にバイツァ・ダストを仕掛け、時間を吹き飛ばそうする。自ら女性に自分の正体を明かすことでバイツァ・ダストの発動条件を満たした吉良は、キラークイーンのスイッチを押す!杜王町の未来をかけた最終決戦、いよいよ決着―!


◆脚本:小林靖子 ◆絵コンテ・演出:津田尚克
◆作画監督:西位輝実/石本峻一/馬場充子/仲敷沙織/芦谷耕平/横山謙次
      木下由衣/SHIN HYUNG WOO/CHA MYOUNG JUN




フウウウウウウ~~~
わたしは…子供のころ……レオナルド・ダ・ビンチの『モナリザ』って ありますよね……あの絵…画集で見たときですね
あの『モナリザ』がヒザのところで組んでいる『手』…あれ……初めて見た時……なんていうか……その…下品なんですが…フフ……勃起………しちゃいましてね…………
この情報、多分バイツァ・ダストの発動に必要ないから完全に趣味だよね。

吉良の最後は事故死。
最後の決め手は杜王町の意思。スタンド使いの犯罪は裁けないというのは3部の花京院戦で承太郎も言ってたな。
運転手の責任問題とかで連日ワイドショーを賑わせそうだけど、数週間前に血だらけで行方不明になっていきなり事故死ってホラーすぎる。

女の腕を切断していた吉良が自分の手首を奪われたのは因果応報。

「ああ!わかったよ!最後だから本心を言ってやるッ!さびしいよ!ぼくだって行ってほしくないさ!」
鈴美さんと露伴ちゃんのやり取りはしんみりする。

「そう…ところでアンタ最近背伸びた?」
早人の成長としのぶさんの母親としての面が垣間見える台詞。

今回の「Great Days」は歴代歌手によるカバー?

ジョセフから財布を貰う仗助は酷いっちゃ酷いけど、この遠慮のなさは初期の壁を思うと感慨深い。

見送りには参加してたけどエニグマ以降出番がないから噴上裕也のアニオリは嬉しい。

女性社員は出てきても同僚は出てこないか……

康一君のナレーションに始まって終わる。覚えてないと4部は語れないよな。
そりゃ承太郎も「康一くん…君は本当に頼もしいヤツだ この町に来て君と知り合えて本当に良かったと思ってるよ…」と言うよ。
クリスマスイブにイチャイチャしやがって。こっちは年末まで忙しいんだよな。

スピンオフの漫画家体操をやる露伴。
更にカメユーで万引きしたらしい。鋼入りのダンの時みたいになんらかのスタンド攻撃によるものだったりして。

透明の赤ちゃんがジョセフの養子になったのは何かの前フリに思えるじゃん?何もないんだな、これが。



関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【総評】 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 放送開始:2016年4月~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる