ブログパーツ

破壊と再生 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・Dダイヤモンド は砕けない その1」 感想





ストレイ・キャットの空気弾で吉良を殺そうとした早人の作戦は失敗に終わった。早人が何度も同じ朝を往復していると察した吉良は、露伴の他にも何人かを吹き飛ばしている、そしてこれ以上同じ朝に早人を戻らせることは危険だと思い、今回でバイツァ・ダストを解除しようと考える。「運命は」自分に味方してくれていると確信した吉良だったが、そこにある人物が現れた。

◆脚本:ふでやすかずゆき ◆コンテ:古川順康 ◆演出:ソエジマヤスフミ/長田絵里
◆作画監督:横山謙次/SHIN HYUNG WOO/CHA MYOUNG JUN/芦谷耕平
      千葉山夏恵/木下由衣/飯飼一幸




電話しただけ。
ここは原作で本当に興奮した。吉良は油断しすぎだったよね。

激しい「喜び」はいらない…そのかわり深い「絶望」もない………「植物の心」のような人生を…そんな「平穏な生活」こそわたしの目標だったのに………
平穏に暮らしたいけど、その為に何か(殺人とか)を我慢したりストレスを溜める行為はしたくないのが吉良の欠点と言えるかも。
早人を殺した時に逃げていれば、と思ったけど彩先生は死んでるから顔は変えられないし、SPW財団の組織力の前には不利か。吉良はSPW財団の事を知らないだろうが。

「命」を「運」んでくると書いて「運命」!
ただでさえ強力なキラークイーンに猫草が加わっての攻勢にはハラハラしっぱなし。

億泰が爆弾に変えられたり一発だけと気付く早人の洞察力は半端ないが、それ以上に自分が代わりに触って爆発する精神力が尋常じゃない。
吉良という北風が勇者バイキングをつくったね。





関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる