ブログパーツ

秘められたあすかの想い 響け!ユーフォニアム2 第九回「ひびけ!ユーフォニアム」 感想




勉強を教えてもらいに、あすかの家へやって来た久美子。
部員たちにも背中を押されて、あすかを復帰させようと説得を試みる久美子に、あすかはなぜ自分がユーフォを始めたのか、部活を続けて来たのかを打ち明ける……。

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:高瀬亜貴子



夏紀先輩はコンクールに出れなくてもいいのが本心だと言ったが、それを素直に受け取る訳にもいくまい。練習頑張ってるのを視聴者は知っている。
まあ、ちゃんと演奏出来るか不安だから安堵もあるだろうが。


滝先生の寝顔や寝起きで乙女顔になり手が触れただけで震える麗奈は本当に先生の事が好きなんだな。
奥さんが写った写真を見つけた事が今後どういう影響を及ぼすのか。


香織先輩の太ももアップは何を意味してるのかと思ったら直後のあすか先輩の口元で「ひぇっ!」となった。
あれは何を意味しているのやら。いちいち構ってくるのが鬱陶しいとか?
でもグラスは使ってるし、限度や頻度の問題なのかな。あるいは自分の方から歩み寄る分には問題ないとか。

あすか先輩の父親はユーフォニアム奏者の新藤正和。
離婚しても元じゃなくて父親では?と思ったけど2歳の頃なら実感なくても仕方ないか。
2話前でユーフォやってるのはあてつけ云々と言ってたのは父親の事かな。

広い家なのに川辺で練習してるのは母親に聞かれたらヒステリーを起こすからなんだろうな。手紙を破ったのも母親だろうな。

部員を鼓舞したり鎧塚先輩を気遣ってたのもコンクール審査員の父親に会いたいから。
私利私欲でも現状の部の方針と合致してるならそんなに気に病まなくても良いんじゃないかとも思うが、現在進行形で部活に参加出来てないし、相手の事を考えず自分本位な所が母親を連想させて嫌なんだろう。

母親もさ、シングルマザーだから娘に苦労させたくないという思いもあるんだろう。きっと、多分。まあ、家はデカいけど。てっきりアパートとかに住んでると思ってた。

嫌いじゃないとか育ててもらった借りは返すとか、言葉にする事で自分に言い聞かせてるように見えた。

カツサンドのソースの味=男の子
刹那=ガンダム
ムスタファ・ケマル=トルコ
久美子=ユーフォニアム
その分野の人間だと道具を擬人化というか、無機物以外の要素を感じたりする事があるんだろうか。
プログラム言語にバブみを感じてオギャってるプログラマは知ってるが。
Javaはバブみ高いプログラム言語か






関連記事

テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

響け!ユーフォニアム2 第9話 『ひびけ!ユーフォニアム』 久美子なら(失言で)何とかしてくれる!?

なんか今回やたら「脚」描写多かったんですね。脚フェチ大喜び。  あすか先輩を連れ戻す大作戦!ユーフォチェンジはあすかも了承済み。本来なら出られて嬉しいはずの夏紀からの意外な提案。 久美子があすかの家に行く時に母親を説得して欲しい。一人に丸投げじゃん。皆でなんとかするんじゃないんかい。あすかママの好物を伝授。菓子折り一つでどうにかなるなら苦労しない。 高坂さんの時も、みぞれの時も。久...

響け♪ユーフォニアム2 第9話「ひびけ!ユーフォニアム」

響け♪ユーフォニアム2の第9話を見ました。 第9話 ひびけ!ユーフォニアム 勉強を教えてもらいにあすかの家へやって来た久美子は部員達にも背中を押されて、あすかを復帰させようと説得を試みるのだが、あすかは最初は誰でも読むというユーフォニアムの入門書を取り出して著者が元父親だとさらりと明かし、記憶のない父親からの贈り物のユーフォから奏者としての道が始まったことなどを色々話し出...

響け!ユーフォニアム2 第九回「ひびけ!ユーフォニアム」

評価 ★★☆ 今日は珍しく積極的だね?       

響け!ユーフォニアム2 第9話「ひびけ!ユーフォニアム」感想

かねての約束で、あすかの家で勉強を教えてもらう事になる久美子。 そんな久美子にあすかを心配する香織達は、あすかに戻って来るよう言伝を預ける。 あすかの復帰を望む周囲からの重責に苛まれながら、あすかの家を訪れた久美子。 相変わらず飄々としたあすかだったが、唐突に自らの父親が『進藤正和』である事を吐露する。 離婚した父親の影響からユーフォニアムをはじめ、父...

アニメ感想 16/11/30(水) #響け!ユーフォニアム2 第9話

響け!ユーフォニアム2 第9話『ひびけ!ユーフォニアム』今回は・・・あすか先輩の家に誘われてたんでしたね。部活には来ないけど、この約束はちゃんと覚えてるのね。なんかもう ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる