ブログパーツ

祭で紡がれる絆 ブレイブウィッチーズ 第7話「聖なる夜に」 感想





12月下旬、オラーシャ帝国ペテルブルグ基地周辺は川も凍るほどの寒さである。
ひかりと管野が寒さに震える中、一人普段着で平然としているニパ。
「さ、寒いですね・・・」
「今年は温暖かな?」
「どこが温暖だ!?これだからスオムス人は・・・」
3人は凍ったネヴァ川の氷上でソリ遊びを行うが、気が付くと目の前には・・・。


平気な顔をしてるニパを見てフィンランドのコピペを思い出した。

>809 名無しさんの野望 :2007/09/06(木) 16:17:20 ID:3YdZCk+R
>「気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか、そのとき他国では何が起きているか」

>+15℃。スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。フィンランド人は日光浴をする。
>+10℃。フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。フィンランド人は花壇に花を植える。
>+5℃。イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。フィンランド人はオープンカーでドライブする。
>  0℃。蒸留水が凍る。フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。
>-5℃。カリフォルニアでは住民が凍死寸前。フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。
>-10℃。イギリスでは暖房を使い始める。フィンランド人はシャツを長袖にする。
>-20℃。オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。秋の到来である。
>-30℃。ギリシャ人は寒さで死亡。フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。
>-40℃。パリは凍えてガチガチ音を立てる。フィンランド人は屋台に行列する。
>-50℃。シロクマが北極から退避しはじめる。フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。
>-60℃。コルヴァトゥントゥリが凍結。フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。
>(コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山でサンタクロースが住むとされる)
>-70℃。サンタクロースが南方へ引っ越す。フィンランド人は、
>      コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、いらいらする。フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。
>(コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)
>-183℃。食品の微生物が死滅。フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。
>-273℃。絶対零度。あらゆる原子の運動が停止。フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。
>-300℃。地獄が凍結。フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する。


「こけちゃいましたー」を暫くリピートしたい。


先生:ニョッキ
伯爵:ピエロギ
サーシャ:ペリメニ
ナオちゃん:すいとん
国際色豊かな部隊ならではのやりとりは楽しい。
そして首を傾げながら食べるジョゼはちょっと可愛すぎやしないかな。具のないポトフだと思ったりしてたのかな。

502の立地的に物資の不足は戦死より先に餓死や凍死もありうる危機的な状況じゃね?
足らぬ足らぬは工夫が足らぬ。


ひかりを元気付けたいニパは天使かな。
ナオちゃんの不器用な優しさもいいゾ~これ。


冬爺さんと雪娘、ジェド・マロースとスネグーラチカという名前らしい。
子供の頃のクリスマスの翌日、朝起きたら枕元に遊戯王のパックが。
中にはシャドウ・グールが入ってた。思えば自分のアンデットデッキ好きはあれが原因だったのかも。


上方向だけのカモフラージュをしてたネウロイだけど本来は巣の防衛が役目で対地攻撃は専門外とか?
あるいはカモフラージュのメカニズムが太陽光関係とかでそもそも下方向には出来ないとかかな。

ワライタケなどコミカルな描写が多かったけど基地に砲撃をされるまで接近を許すなんて戦局は悪化の一途を辿ってる。
一歩間違えたらみんなのトラウマ、シルバーブルーメ回みたいな事になってたね。あっちは松木隊員の誕生日を祝ってた時だったな。ウルトラの星接近の影響で警戒網がズタズタになってたんだっけ。おのれババルウ星人!
ギャグ展開で追い詰められるのはウルトラマンマックスのタマ・ミケ・クロを彷彿とさせる。あれもかなりのピンチだったんだけども。カイトもハヤタも変身方法を忘れるし。


まさかのエイラーニャ登場。「ストライカーの飛翔」は興奮する。
別の場所で聞いた記憶があると思ったらあれだ。∀ガンダムの「軍靴の記憶」


ラル隊長の笑い声が酷い。
ちょくちょく祭を楽しみにしてそうな描写があったり、ポンコツキャラが垣間見える。


風説の流布
情報漏洩
破壊活動
伯爵と先生の絡みが多くてニヤニヤする。クルロス最右翼のフミカネも満足する事だろう。

Twitterで「クルロス」で検索すると「再婚」がサジェストされるのが面白い。いや、確かに離婚なり別居中の元夫婦感はあるカップリングだけどさ。
来週はどうなってしまうんだ……


サトゥルヌス祭、サトゥルヌスと聞くとフランシスコ・デ・ゴヤの「我が子を食らうサトゥルヌス」を連想してしまう。グロいよなぁあれ。

関係ない話だけどヴィルケ大佐の後任、“トゥッティ”フリードリヒ=カール・ミュラー中佐の誕生日が12月25日らしい。ウィッチ化したら名前はフレデリカになるのかな。カールの方はカロリーネとかシャルロッテとかかな。
ルッキーニは24日だっけ。







関連記事

テーマ : ブレイブウィッチーズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブレイブウィッチーズ 第7話 『聖なる夜に』 502潰滅の危機?に可愛いサンタ×2がやって来た!

第7話と言えば。ギャグ回と言うのがウィッチーズのお約束。果たして今回はどうなるでしょうか。  そりゃ寒いよ。ウィッチ下半身ほぼ丸出しだし。凍った川でそり遊びに興じるひかり、ニパそして管野。すっかり仲良くなったもんですね。でも押す方より乗ってる方が辛いかも、寒いし。「さむ~い!」「いえ~い!」スオムスじゃ当たり前、とケロッとしているニパ。耐寒性能半端ない。 こけちゃいました~。ニパと...

ブレイブウィッチーズ #07 「聖なる夜に」/ガーリッシュ ナンバー #08 「ねぼすけ千歳と湯煙旅情」

 どうも、管理人です。とりあえず予定通り、記事執筆してるのですが、如何せん時間がないので、中々難しい。ちょっと感想記事を書くのがスランプ入ってるのもあるんですけど、ちょっと書き方が分からなくなってきた…。 1.ブレイブウィッチーズ  今回の話は、スオムスの冬まつりの話。あくまでも個人的な意見ですが、このシリーズだとあまり季節感が感じられない(せいぜい冬くらい?)という風に見えてる...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる