ブログパーツ

憎悪の炎が大地を焦がす ドリフターズ 07「カオスダイバー」 感想




あらすじ

黒王の命によりジャンヌとジルドレが漂流者を追って廃城に現れた。迎え撃つは豊久と与一。炎を自在に扱うジャンヌに対し、逃げるしか術がない豊久。だが、オルミーヌの助力を得てその戦況を冷静に判断した豊久は戦いの渦中で笑う。与一は矢を受けてなお戦い続けるジルドレに苦戦を強いられていた。


■脚本:黒田洋介 ■画コンテ:山内重保 ■演出:小林利充/羽山淳一 ■作画監督:佐藤愛香/飯野堅一/中林蘭子






ジャンヌに男か女かって質問は地雷だよなぁ。
オルレアンの聖女ラ・ピュセルがフランスや教会、民衆にされた仕打ちを考えればそりゃ狂気に身を浸して異世界で暴れるよ。

ただの人間や亜人が敵なら火炎属性付与(エンチャント・ファイア)で十分だったろうけど今回は相手が悪かった。
直前に初めて見た石壁の呪文を発射台にする戦闘センス。物心ついた頃から鍛えられてただろう薩人マシーンに人生の大半が農民だったジャンヌが追随するのは難しい。
その上今回のジャンヌは誰かと戦うというより自分の恨みを手当たり次第ぶつけてる感じだし。

ジャンヌが女と知ってテンションが下がる豊久だけど九州には結構女傑が多いよね。貧乳じゃなければもっと早く気付かれたろうに……
立花誾千代、妙林尼、慶誾尼、志賀氏、市川経好の妻の市川局は……九州ではないか。つーか曽祖父の母ちゃんの常盤さんも頑張ってるよね。
来年の大河で主役を張る、魔女ではないもののけ姫井伊直虎なんかは鎧を着て戦場に行くシーンはありそう。

豊久、フランスはともかくキリスト教の事もあんまり知らないかー。
宣教師は島津の十字の旗を見て既に布教されてると勘違いしたとかしなかったらしいけど。


騎馬隊を潰させたら三千世界で一等賞なノッブ。
FGOのノッブも騎乗特攻スキルを持ってたな。アルテラさんやラーマ君、頼光ママンのような神性と騎乗持ちのサーヴァントはいいカモだった。
まあ、史実の長篠で武田勢は8時間粘ったらしいけど。

ノッブの言う猿でも出来るってレベル高すぎ!
犬や鬼でも出来ますか?



「ジャンヌ、良い旅を」
廃棄物の割に結構常識人っぽかったジルドレさんはもっと見たかった。ジャンヌは地獄に行くだろうから自分も酷い事をいっぱいしようって辺りまともじゃないけど、それは廃棄物になる前からみたいだし。
ってか乃村健次さんの声は超渋い。

エンズでもない状態で今回のジル並の耐久力だったっぽい武蔵坊弁慶とは一体……
マハーバーラタのビーシュマ翁なんかもハリネズミになっても生きてたけど、あっちは神話の住人だしな。

にしてもサブカル界隈でジャンヌとジルのコンビはよく見るけどラ・イールは空気なのが勿体ない。
境ホラでもリッシュモン大元帥やジルには触れられてるのに憤怒さんには言及なし。個人的にはジルと共にジャンヌの両翼を担った先代人狼女王が襲名者だったんじゃないかと睨んでるが。



十月機関の大師匠の正体がはるあきらだったなんて……
まあ、最初からキャストでネタバレされてたんだけども。
陰陽師と言ったら安倍晴明だよね。これで藤原千方とか幸徳井友景とか名乗られても一般の視聴者は「?」



関連記事

テーマ : ドリフターズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドリフターズ(DRIFTERS) 第7話 『カオスダイバー』 全面バトル回!激突、漂流者VS廃棄物!!

無花果が実る前に立ち枯れにせよ!出てこいドリフ共!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \いい感じで狂っているジャンヌ。豊久とジャンヌ、与一とジル・ド・レ、信長達は騎兵。いよいよ漂流者VS廃棄物の本格的な戦いが始まりました。戦局を楽しそうに見守る義経、与一との再会はあるのかな。  オルミーヌ参戦!?ジャンヌの発火能力に感心する豊久。でも彼の関心は別にあり...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる