ブログパーツ

窮地こそ飛躍の時 響け!ユーフォニアム2 第七回「えきびるコンサート」 感想



京都駅で行われる、駅ビルコンサートでの演奏を控えた吹奏楽部。
全国レベルの強豪校も出演すると聞いてやる気に満ち溢れている部員たち。
そんな中、衝撃の事件が起こる……!!

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:藤田春香 作画監督:岡村公平、西屋太志


最初「えきびる」という動詞があるのかと思ってしまった。


いやぁ、前回ラストの人があすか先輩と無関係だったらどうしようとこの一週間戦々恐々だったけど母親で一安心。
話の内容は全然安心出来ないけどね。

「また」カッとしちゃって、な田中家の闇が深い。
受験を前にして部活を辞めさせて勉強に専念させる事、それ自体は一理ある。こういっちゃなんだけど顧問には将来の責任は取れない訳だし。
だからといって当事者の意思を無視して無理矢理辞めさせると禍根を残すだろうけど。そういうパターンで成人後に掲示板で愚痴る人を鬼女板で何度も見た。

滝先生が何があっても退部届けを受理しないと言った時の嬉しそうな顔、その直後に「あ、揉めそう」という複雑そうな顔。
平手打ちされた後の慣れと諦めetcが入り混じった表情、京アニはこういうところ本当見応えがあるぜ。


デカリボン先輩prpr


バリサクソロで演奏する事になったりあすか先輩に頼りすぎるのをやめて今度は支えようと部員に訴えかけたり、部長の成長が窺えて嬉しい。


駅ビルで演奏したのは「宝島」か。
宝島社は妙な拘りは捨てて早く電子書籍を配信して。


お姉ちゃんはあれかな。親に言われて吹奏楽を辞めた口かな。
で、進学したもののなんか虚しくなって退学したくなったとか。




関連記事

テーマ : 響け!ユーフォニアム
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

響け♪ユーフォニアム2 第7話「えきびるコンサート」

響け♪ユーフォニアム2の第7話を見ました。 第7話 えきびるコンサート 久美子が職員室を訪れると、滝先生と教頭の前であすかと母親が決勝まで残ってしまった吹奏楽部を早々に退部させて受験勉強をさせると退部届けと押しつけていた。 「私は何があってもその退部届を受け取るつもりはありません」 「どうしてです?サックスの3年生の退部は認めたと聞きましたけど?」 「斉藤さんは自分...

響け!ユーフォニアム2 第7話「えきびるコンサート」感想

全国大会を前に京都駅ビルコンサートに参加する事になった北宇治高校吹奏楽部。 清良女子高校も出場すると聞き皆奮い立つ。 だが、そんな矢先に久美子はノート提出に訪れた職員室であすかの母親があすかを強引に吹奏楽部を退部させようと滝と対立している現場に遭遇。 職員室に響き渡る母親の怒声にあすかが抱える深刻な家庭環境を思い知らされるのであった。 翌日。 登...

響け!ユーフォニアム2 第7話 『えきびるコンサート』 あすかママン襲来!そして滝先生「何ですか、これ」再び。

あれ口癖だったんでしょうか、ダメ出しするときの。前回のラストで登場した女性は…田中あすかの母。スカウトかな?って期待もあったんですが違いましたね。一つ解決するとまた一つ問題が上がる北宇治高校吹奏楽部。ここでとんでもない波乱が起きてしまいました。 あすかが退部?どうやら本人じゃなくて母親の意志の模様。あすかは別に吹奏楽で推薦狙っているわけじゃない。彼女は優秀ですが、去年までの北宇...

アニメ感想 16/11/16(水) #響け!ユーフォニアム2 第7話

響け!ユーフォニアム2 第7話『えきびるコンサート』今回は・・・駅ビルコンサートですか。全国出場となると、こういうイベントもあるんですね。なにやら、あすかが揉めてるみた ...

響け!ユーフォニアム2 第七回「えきびるコンサート」

評価 ★★ あすかンち       

響け!ユーフォニアム2 第七話  『えきびるコンサート』

田中あすかの母親が学校に殴り込みに来た!? やはり、母娘ですね。 強気なところは、そっくりですね。 母親が勝手に北宇治高校吹奏楽部の退部届を出すなんて 田中あすかの母親は、教育ママなのね。 ここにきて田中あすかは、北宇治高校吹奏楽部が 退部ですって! そっか。そっか。 それは、がせネタだったのね。 駅ビルコ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる