ブログパーツ

救われた側から救う側へ ViVid Strike! #07「高町ヴィヴィオ」 感想




敗北し、負傷したミウラは病院に搬送される。
ブロック決勝でリンネと戦うのは、かつてリンネに勝利した事があるヴィヴィオ。
技術のヴィヴィオと力のリンネ。双方譲らない試合展開となる。
自分を追い詰めるように強さと勝利を求めるリンネに対して、ヴィヴィオが伝えようとした言葉は……。

脚本:都築真紀 絵コンテ:太田雅三 演出:佐藤和磨 作画監督:北川和樹 中川淳 久保山陽子 石田啓一 服部憲治 武藤信宏 長澤翔子 津熊健徳 吉岡佳宏 滝川和男 島崎望 総作画監督:橋本貴吉



巨漢はかませ。これは格闘物における定番。延髄斬りとはえげつねえ。下半身への組み付きは禁止でもあれはありなのか。
ジャニス・ゴート選手が矢澤にこに似てるって言ったらラブライバーに殺されるかな。

ヴィヴィオとノーヴェの師弟関係はstsの頃の関係からは想像も出来ねえな。なのはママが決死の覚悟で助けた甲斐があったというもの。
しかしこういう過去の話をされると敗北フラグが積み重なっていく。

ちょくちょく黒歴史が暴露されるハルさんは癒し。

とりあえず一発ぶちかましてからお話ってのは母親譲り。自分も一回されてるしね。
ってかリンネの問題って言葉ではどうしようもないしな。少なくとも格闘技を始めてからイジメられる事はなかったろうし、両親やコーチ陣との関係は良好。これじゃあ何を言われてもリンネは納得出来ないし、そもそも一概に間違ってるとも言えない。この辺はフーカも分かってるからドブみたいに濁った目をどうにかしたいと言った訳で。

格闘技は別に好きじゃないけど常に強迫観念に突き動かされてるリンネは何とかしてやりたいけども、昔の悲劇は強いとか弱いとか関係なくてただ巡り合わせが悪かっただけだと突きつけるのはそれはそれで残酷だとも思う。
かつて、傷も汚れも失ってしまう事さえも大切な思い出になると言ったお爺ちゃんの心境に達すれば振り向いてもらえると思うが……





関連記事

テーマ : 魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ViVid Strike! #07 「高町ヴィヴィオ」

== 肉体言語で語れ! ==  どうも、管理人です。今日は満開祭当日と言うことで、そそくさと準備しつつも簡単に更新作業をば。多分、本文を書くのは戻ってからになりますが、出来れば行く前に書きたかったorz === ヴィヴィオ:「後で…私もリンネさんと仲良くなれたら嬉しいなって」 ===  今回の話は、ヴィヴィオ対リンネ戦の前半戦を描いた話。やっぱりなのはさんの娘なんだよね、この子...

アニメ感想 16/11/12(土) #ブブキ・ブランキ 星の巨人 第19話、ViVid Strike! 第7話 #vivid_strike

ブブキ・ブランキ 星の巨人 第19話『兄と妹』今回は・・・ギーに車に乗せてもらったんでしたね。東は親切なおじさんとかしか思ってないんでしょうね。ようやく薫子と仲直りできまし ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる