ブログパーツ

紛うことなきクソアニメ ドリフターズ 01「FIGHT SONG」 感想




時は1600年、関ヶ原・烏頭坂。西軍劣勢で退路を断たれた戦国武将・島津豊久は、伯父・島津義弘を薩摩へ戻すため“捨てがまり”で敵の大将・井伊直政の首を狙う。捨て身の戦法で見事直政に一矢報いるも、首を取るまでには至らず瀕死の重傷を負った豊久。満身創痍で山中を彷徨っていると、突如、奇妙な空間に足を踏み入れる。事務机に座る謎の男、紫が書類にサインをすると豊久は否応なく扉の向こうの異世界へと送り込まれるのだった。 かの地で目を覚ました豊久は驚愕する。そこには死んだはずの英傑・織田信長、そして古の武者、那須与一がいた!


■脚本:倉田英之 ■画コンテ:鈴木健一 ■演出:鈴木健一 ■作画監督:小林利充 ■騎馬作画監督:川口 隆



ドッドッドリフの大爆笑~♪
GONZO版HELLSINGの恐怖がトラウマになっていたけど中々期待出来そうな1話だったね。擬音を声に出したのはちょっと引っかかったけど。
関ヶ原の前後、信濃では真田昌幸が秀忠を生涯戦下手にしてやれと悪い顔で言い、九州では黒田官兵衛が同じく悪い顔をして大暴れしてる。
来年の大河ドラマの主人公である井伊直虎は本能寺の変の頃には死んでるか。

島津の退き口における捨て奸とかいう狂気の戦術。大将を生かす為と考えたら合理的ではあるんだが。まあ、東軍側も折角勝ち戦なのに頭のおかしい薩人マシーンと戦いたくないよね。

「良か御養父じゃあ 豊久は幸せもんだわ ようし!!ここは一番武者働きせねば」
ここの豊久の笑顔が切ない。
弟の忘れ形見を殿にしなくちゃならない義弘の心境も察するにあまりある。
石田三成がもうちょっと持ち応えるとか、鳥居元忠が島津を受け入れていれば違う未来もあっただろうか。

「帰りたかです。死ぬるなら薩摩で死にたか。でもおじ上一人薩摩に戻られたならおいも兵子もここで皆死んでもこん戦島津の勝ちなんでごわす」
井伊勢が薩摩の旗を踏みつけていく演出は直政が言った島津の負けという言葉を如実に表現してて良いよね。
それでも義弘を薩摩に帰した薩摩隼人達には感服するしかない。

史実では直政を撃ったのは川上シロンペロン家臣柏木源トツだっけ。
こんな目に遭ったのに和平に尽力してくれる井伊直政はぐう聖。まあ、戦後西軍の助命に走った面倒臭い三河武士共はいっぱいいるけど。


源氏バンザイ!
よいっちーは耽美で良いよね。そりゃ同人誌も出るよ。
森蘭丸と間違われてたけど、史実の蘭丸はガチムチだっけ。あの鬼武蔵の弟だしね。

源平合戦の頃の島津って初代忠久かな。


「バカたれが バカたれ さっさと逃げれば良かろうに!!」
有楽斎「せや、信忠を囮にして二条城から脱出したろ」
最初明智光秀の謀反を信忠がやったと思ってたからな、ノッブ。
それが実は自分の後を追って死んでいたと分かったら心が折れるわ。豊久と義弘の別れもそうだけど、ヒラコーは上手いよなぁとしみじみ感じ入る。
信忠はなぁ……二代目のボンボン故か諦めが良すぎたね。既に家督を譲られて当主だったんだから何がなんでも生き延びる事を考えなきゃ。
Aパート、豊久視点じゃ「逃げんなこらぁ!」と言いたくなるが直政が撤退するのも当たり前。
つーかむしろ直政が討死してたらそっちの方が島津的には拙かったかも。義久や悪久は胃を痛める事だろう。


オッパイーヌはええ乳をしてるのぉ。
櫻井が演じる謎の男……一体何者なんだ?

~ED~
安倍晴明 櫻井孝宏

安倍晴明、那須与一、織田信長、島津豊久
楠木正成や新田義貞がいると時代的にバランス良さそう。どっちも廃棄物になりそうだけど。大楠公はクソキャラなんだけども。

家久役の西前忠久さんが薩摩弁監修してたみたいだね。
ヒラコーも気を遣ってそうだけど大体言ってる意味は分かる。
「はらまだっごあしたもたもいやしたか!?」とか言われたら疑問符しか浮かばないが。
薩摩弁警察的にはどうかは知らないけどさ。


本作はヒラコーの考えた聖杯戦争。
信長やキッドはFateの方でもサーヴァント化してるし与一もEXTRAにいた可能性があるね。ハンニバルはいずれ出そう。




スタッフ・キャスト
【STAFF】
原 作:平野耕太(YOUNG KING OURS 連載中)
監 督:鈴木健一
シリーズ構成・脚本:倉田英之
脚 本:黒田洋介
キャラクターデザイン・総作画監督:中森良治
美術監督:舘藤健一(SEE THROU STUDIO)
CGディレクター:高江智之(株式会社ラッキーピクチャーズ)
CGプロデューサー:田中臥竜(FelixFilm)
色彩設計:のぼりはるこ(緋和)
色彩設計補佐:長澤諒司
撮影監督:阿部安彦(レアトリック)
編 集:廣瀬清志
音響監督:鶴岡陽太
音 楽:石井妥師・松尾早人
設定考証:白土晴一
筆字デザイン:雪駄
アニメーション制作:HOODS DRIFTERS STUDIO

【CAST】
島津豊久:中村悠一
織田信長:内田直哉
那須与一:斎賀みつき
菅野 直:鈴木達央
ハンニバル:青山 穣
スキピオ:家中 宏
ブッチ:小野大輔
キッド:高木 渉
安倍晴明:櫻井孝宏
オルミーヌ:古城門志帆
カフェト:西田雅一
黒王:楠 大典
ジャンヌ・ダルク:皆川純子
ジルドレ:乃村健次
アナスタシア・ニコラエヴァ・ロマノヴァ:北西純子
ラスプーチン:田中正彦
土方歳三:安元洋貴
源九郎判官義経:石田 彰
紫:宮本 充
EASY:伊藤かな恵
シャラ:間島淳司
マルク:続木友子
マーシャ:石塚さより





関連記事

テーマ : ドリフターズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドリフターズ(DRIFTERS) 第1話 『FIGHT SONG』 関ヶ原の戦闘シーン増加+OVA前半。

井伊直政だけじゃなく福島正則も出た。冒頭のシーンが追加されて、あとはOVA前半とほぼ同じ内容ですね。良かったのは「副音声ではオルテ語を日本語でお送りしています」という所。気になって副音声に切り替えると、 ホントに日本語で話している。 首を置いてけーーー!関ヶ原の戦いで敗戦した西軍の薩摩・島津勢。しかしこのまま逃げるのでは面目が立たんと一矢を報いることを決断。敵の一番攻撃が激しい所に突っ込め!...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる