ブログパーツ

マルタ編 教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー 感想




29「3時間目」
深く暗い森の中の光の届かぬ水の底
ずっと一人だったその怪物はまぶしいと思うことも初めてだったかもしれません
伸ばされた手は光り輝くように美して柔らかで
初めて感じる温もりに慈愛に
愛知らぬ哀しき竜よ

「ずっと一人だった怪物」をマルタさんの事だと思ったのはここだけの話。



30「マルタ」
待ってたぜェ!!この瞬間をよぉ!!
マッドマックスはいいぞ!



31「ダ・ヴィンチデリバリーシステム」
デリバリー聖女。
カルデアの鯖は現代に馴染みすぎである。

マンガで分かるFGOの方ではタラスクに轢かれてたロマンだけど、今回は無事で良かった。

ただの
やさしい
マルタ

黄金伝説(レゲンダ・アウレア)を執筆したヤコブス・デ・ウォラギネも作家枠として出られるかもしれない。僕鯖にはいたし。
日本ではテレビ朝日のいきなり黄金伝説の方が知名度高そう。とったどー!



32「おかんライダーマルタ」
つい最近マザー・テレサも列聖されたね。

フランシスコ・ザビ……!

プログラマーの守護聖人がいたりキリスト教も結構いい加減柔軟。

Laudate
このサイトで自分の守護聖人を調べてみた。

12月17日は
聖ベガ
?-693年

 ベガは、ニベル(現在のベルギーのブラバント)に、フランク王国宰相ピピンの娘として生まれた。父ピピンが亡くなったのち母は修道院をニベルに設立し、ベガの妹ゲルトルーディスも、母がいる修道院に入った。ベガは、聖アルヌルフ(彼は、結婚し子どもが成人した後に、修道院に入り、メスの司教に選ばれた)の息子と結婚して、子どもに恵まれた。彼女の息子は、のちのフランク王国カロリング朝の創始者ピピン3世である。692年、ベガは夫が暗殺されるという不幸に見舞われ、ローマに巡礼に出た。帰国後、ローマの有名な教会を模倣してアンデンヌに、7つの教会と女子修道院を建てた。妹ゲルトルーディスの修道院に依頼して、アンデンヌに修道女を派遣してもらい、彼女らとともに祈りの生活に励んだ。

サイコクラッシャー!
ピピンの寄進で有名なピピン3世のママン。
型月的に言えば、アストルフォの主君であるシャルルマーニュの祖母になる訳か。



33「改宗(物理)」
ゲオル先生なんかも改宗(物理)やってるよね。
改宗しないと捕らえた毒竜を解き放つぞって。

ジョニー・デップが処刑された頃、日本は弥生時代。中国は光武帝の後漢の時代。
ヨーロッパだけじゃなくて中国も進んでるぜ。

シャトー・ディフもマルセイユ沖だったか。



34「エジソン提供」
激撮!!密着聖女マルタ伝説~その時ネルルクで一体何がSP~
美麗3Dとか交流野郎には出来ない芸当だな。

レヴィアタンとボナコンに似たオナクスの仔タラスク。灼熱のうんこを撒き散らすらしい。
6章最終決戦で獅子王側は溶かした鉛を連合軍兵士にぶちまけたようだけど、上赤坂城の攻防戦でうんこをばら撒いたのが楠木正成公である。今でも糞谷という地名として残ってる。



35「イメージ映像です」
救世主ってすごい。ぐだおは改めて思った。
セイヴァーで来ないかな。



36「証言によるイメージ映像です」
亀だけに亀甲縛り。
やっぱりお前ガメラだろ。

聖水の作り方?
そりゃもちろんおしょうすry……



37「信仰心(物理)」
ぐだおが屋台でとってきた亀のミケランジェロ。
ぐだお的には思い出深い存在みたいだけどどういう存在なのやら。



38「これも愛」
でもそれってマルタ姐さんの愛なの~♪

フィクションで改心したけどモブに殺されたキャラがいたような気がするんだけど思い出せずもやもやする。

もしかしたらネルルクの人々は竜の牙や竜の逆鱗のドロップを狙っていたのかもしれない。
なんにしろ月見イベントでウェアウルフを虐殺した俺に彼等を非難する権利はない。今も心を失った咎者やスフィンクスの屍を築いてる最中だし。



39「栄養管理 A」
聖地巡礼出来るタイプのサーヴァントという新たなカテゴリ。
本人のミイラが現存してるオジマンって凄いよな。
逆に出来ない鯖って誰がいるかな。インド組とか海賊組とか難しそうだが。



40「英霊に学ぶ」
マルタさん=ロマン
割とぐだおが来る前のロマン、マシュ、オルガマリー所長の話は気になる。6章で断片的に語られたけども。

基本ギャグ調だったけど、タラスクって親に捨てられてグレてたのをマルタさんに救われたんだっけ。幻想種だから世界の裏側にもいけたけど、ずっとマルタさんについてたとか。
最近はステゴロヤンキーを強調されるマルタ姐さんも間違いなく聖女なのであった。
とはいえロードローラーのように殴打される謂れはない。



関連記事

テーマ : Fate
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる