ブログパーツ

己が運命に打ち克つ戦い ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第26話「ジャンケン小僧がやって来る!」 感想



弓と矢を奪い仗助たちの元から逃走した吉良吉廣は、息子の吉影を守るため味方となるスタンド使いを探していた。矢に射抜きたいものを選べと告げると、矢はある人物を差す―。その頃、吉良吉影を追う露伴は杜王駅前で通勤中の会社員の写真を撮影していた。吉良が誰かとすり替わったのであればそいつとして通勤していると考えたのだ。吉良がその家族を消し去る前に見つけたいと願う露伴。そこに突然、少年がジャンケンをしてほしいと声をかけてきた。


◆脚本:ふでやすかずゆき ◆絵コンテ:ソエジマヤスフミ ◆演出:KIM MIN SUN
◆作画監督:RYU SEUNG CHEOL/KIM BO KYOUNG/KIM EUM SUN/LEE BANG WON
      KWON HYEOK JEONG


露伴が撮った写真の中にちゃんと吉良がいるんだよね。

ジャンケン小僧の声は坂本千夏。
アグモン!アグモンじゃないか!
意外な所で大御所を起用してきたな。

クソったれ仗助にあほの億泰……それにプッツン由花子。
よくわからない組み合わせだけど多分話題は康一君の事だろうな。

「あんたは今………勝負の『下り坂』にいるんですよ…露伴先生
もうイッペン言いますよ………
あんたは今!『下り坂』にいるンだ!」
好きな台詞だけに後半カットされたのが悲しい。
ガラスのシャワーの時に無敵を信じたアレキサンダー大王の下りもなかったな。
躱そうとした露伴の方が傷を負ったという説明は必須なんじゃね?
「アメリカ人はセンスがダサい」は尺の関係で仕方ない……のかな?OPEDのカットとかやりようはあったと思うが、作画を海外に投げてる以上余裕はなさそうだしなー。

ガラスには弾力があるから物がぶつかった方向に破片が飛び散る事もあるってスパイラルの歩君が言ってた。ブローバック現象。

「いいかい!もっとも『むずかしい事』は! 『自分を乗り越える事』さ!ぼくは自分の『運』をこれから乗り越える!!」
運否天賦ではなく力ずくで運を引き寄せる露伴先生は格好良い。

まるで劇画、の所は変わった演出をやろうとして滑った印象。





関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる