ブログパーツ

望まれた希望と望んだ絶望の出会う時 ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編 #06「絶望的に運命的な出会い」 感想




希望ヶ峰学園は、長い間ある研究を続けていた。それは、人類の希望となる真の天才、「超高校級の希望」を研究・育成する研究だった。その名も「カムクライズルプロジェクト」。被検者となった日向創は、カムクライズルとしてついに目覚める。実験の存在を知った雪染だったが、江ノ島もまたカムクラの存在を知り、これこそが運命だと感じる。


■脚本:東出祐一郎 ■脚本協力:小泉陽一朗 ■絵コンテ:中野涼子 ■演出:中島大輔 ■総作画監督:黒澤桂子 ■作画監督:田中穣/前田義宏/金子美咲/樋上あや/星野真澄


カプ厨の希望、東出先生。
雷光と女神やラーマ、シータ夫妻で多くのプレイヤーを虐殺した恐ろしい男よ……
欲を言えばもっと序盤に登場してヒナナミを描いてほしかった。

がっこうぐらしの時の繋がりだろうか。
これで虚淵玄や鋼屋ジンが来たら笑う。

追記
まさかぶっち―がゴジラをやるとは……

OPが絶望的。

才能のない人間は希望に寄生するダニ。
研究者や評議員を冷ややかな目で見てんな、カムクラ。

雪染先生も苦しい立場。
元気だったと言えば会えない七海が辛いが、かといって退学したとはなかなか言えないよな。でもまあ、あれだけ落ち込むくらいなら正直に言うべきだったかな。
狛枝の事を聞かれた時も曖昧に答えてたし、この辺はまだ未熟。

公式サイトにもカムクラ登場。
これは胸囲91センチありますわ。

親権者同意書という闇。
親だってここまで酷くなるとは思ってなかったと信じたいが果たして。
真っ当な親だったらそもそも引き留めると言われたら反論出来ない。

43さい
評議委員です☆
オシオキBGMの中でやられたおっさんは因果応報とはいえ可哀想。

パスワードを付箋に書いてパソコンに張り付けるって実際あるあるだから困る。
ただ、「Curry rice」ってのがなぁ。もしかして私様に嵌められた?

一つだけ色の違うたこ焼きを見て「あっ(察し)」となったら案の定網膜認証だった。
ルパンでも見た。

絶望シスターズを一蹴するカムクラが強すぎんだろ。焔螺子とかも使えるんだろうか。

馬鹿デブスと言われて喜ぶ残姉ちゃんは本当に残念。

絶望は未知。私様がアダムとイブを誘惑する蛇のよう。
まあ、苗木の希望は予測出来ずに敗北した訳だけどね。私様にとってはそれはそれで絶望だから構わないという厄介さ。

なんでも出来るが故に希望になる事にも大した意味を見い出せなかったカムクラにとってこの出会いはどんな化学反応を誘発するのやら。

一発の弾丸が世界大戦を引き起こす。
サラエボ事件は調べれば調べるほど運命がフランツ・フェルディナントを殺そうとしているとしか思えない。

「これがもう一つの運命の出会いなんだって」
引きこもってたから大丈夫だと思われた御手洗だがピンポイントで遭遇。嫌な運命もあったもんだ。
これで私様にアニメを利用されたんだとしたら同じように目をつけられても打破した苗木の事を未来編で言及したのも分かる。





関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる