ブログパーツ

すれ違いの果て ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編 #05「Dream of distant days」 感想




希望ヶ峰学園76期生の忌村静子、安藤流流歌、十六夜惣之助。かつては仲が良かった3人だったが、今では忌村VS安藤・十六夜という構図でお互いを裏切り者と罵り合うようになっていた。閉鎖された空間で、その対立は過激さを増していく。一方、宗方は、かつての同朋だった天願に刃を向け、絶望をさらに憎んでいく。

■脚本:三輪清宗 ■絵コンテ:黒川智之 ■演出:黒田晃一郎 ■総作画監督:アミサキリョウコ ■作画監督:齋藤樹里/今泉竜太/渡邊一平太/はしもとかつみ/櫻井拓郎/椎田竹若




死んだイヌはイヌじゃない イヌの形をした肉だ
意識した訳ではないだろうけど、失敗に捕らわれる静子ちゃんに対して成功に目を向けさせた流流歌はナイスだった。

糖分を摂取すると薬の副作用が出る。
絶望編で一度も食べなかった理由が考察(中毒になりたくなかった、劣等感)されてたけど結構切実な理由だった。それを知ってた流流歌が食べないのを怒ったのは理不尽だが、あの状況ではこれまで溜めてた不満が噴出するのも仕方ないのかな。
だからといってそれ以前からお菓子を食べないのを理由に粗雑にしたのはちょっと擁護出来ない。そういう捻くれ方をするのは分からんでもないけど、だからといって肯定する気にはならない。
超高校級というなら糖分のないお菓子を作るくらいはやってほしかった。
しかし、現実でも相手にアレルギーがあるのを知ってその食品を食わせる奴がいるから困る。

よいちゃんさぁ、流流歌のイエスマンやってないでなんとかしようよ。
中立ではなく流流歌の彼氏のよいちゃんが介入するとそれはそれで拗れたかもしれないが、特に何もしてこなかったのに静子ちゃんに敵意を向けるよいちゃんには印象ダウン。

ワムウ!
静子ちゃんのNG行動は影を踏まれる事。これまた団体行動が取り辛い。

朝比奈さんの肩の傷を治そうとしたのに怯えられたり報われないな。
酷な言い方だが、あの間の悪さは皆を救える希望じゃなかったんだろう(狛枝並感)

宗方がカムクラプロジェクトの話で天願会長が襲撃者だと判断した理由が不明瞭だけど、次回を待とう。宗方の本心はなかなか明かされないし。
ラストでよいちゃんが選ばなかった刀を持ってたから宗方もあの部屋に気付いたんだろうか。

天願会長の口パクだけど、ネットじゃ
しゅうげきしゃ は いれかわる
あさひなあおい
とか言われてるな。それだと襲撃者に選ばれた宗方がやむなく雪染君を殺したとか、雪染君が自殺したとか考えられるね。
まあ、口の形が合わないという反論も見たけど。

天願会長のNG行動
質問に嘘で答える
霧切さんが不信感を持ったのって本来なら取り繕ったり曖昧にしてる場面でも正直に答えてたからなのかな。
天願会長視点じゃ「質問」の定義が不明だから極力正直に話さないと怖い。
ただまあ、黒幕サイドがどうやって本当か嘘か判断してるか疑問。あの世界なら超高精度な嘘発見器があっても不思議じゃないが。

EDがなんか変わってたな。それが何を意味するのかは分からないけど。

藤原啓治さんが病気療養のため休養するらしいけど黄桜はどうなるんだろう。
1クールアニメなら放送前に収録が終わってるケースも多いけど。





関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる