ブログパーツ

4部でも屈指の息詰まる攻防戦。 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫ハーヴェスト その2」 感想



500万円の当選宝くじを手に入れ銀行へ換金にやってきた仗助たちだったが、その当選くじが本当に仗助たちのものか行員に怪しまれてしまう。自分たちで買ったとしらを切る仗助だが、宝くじの裏には仗助たちとは別の人物の名前と電話番号が書いてあると指摘され、さらに行員はその番号に電話をかけ始めた!言い逃れできない状況に追い込まれた仗助は、ある行動に出るのだが―。

◆脚本:ふでやすかずゆき ◆絵コンテ:永居慎平 ◆演出:KIM MIN SUN/波多正美
◆作画監督:KIM BO KYONG/RYU SUNG CHOL/LEE BANG WON/YANG JEONG HEE



敏腕銀行員は右京さんを彷彿とさせる。警備員もやたら存在感がある。
仗助が下唇を噛んでたのが細かいファンサービス。

前回だけならまだしも今回の銀行を経て仗助が大した事をしてないというのはちょっと無理がある。
あと、これまではあくまでお巡りさんに小銭は届けなくても罪にはならないと言われたから集めてたのに今回は酒を盗んだよね。
本当、金って怖い。やはり共産主義こそ至高。

ハーヴェストで自分を運ばせる重ちーを一般人が見るとホラーすぎる。
杜王町の新たな名物になってもおかしくないレベル。

ケツに酒を突っ込むと急性アルコール中毒でガチで死ぬので肛門を玩具にするのはやめよう。





関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる