ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」 感想

















※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。











大人気漫画「ピンクダークの少年」の作者、岸辺露伴が杜王町に住んでいると知って自宅にサインをもらいに行く康一と間田。中から出てきた露伴はサインすることを快諾してくれただけでなく、仕事場を見学するよう家の中へと招き入れてくれて康一たちは大興奮!しかしリアリティを追及する露伴の度を超えた行動に、康一は次第に恐怖を覚えはじめ―。


◆脚本:小林靖子 ◆絵コンテ・演出:津田尚克 ◆演出:加藤敏幸/ソエジマヤスフミ/朝木幸彦
◆作画監督:仲敷沙織/千葉山夏恵/渡邊葉留/木下由衣




不動産屋と話してたのが乙雅三。吉良も本格的にまだ出てないしチープトリックに取り憑かれる前かな。
露伴先生登場回にこいつも出すとは憎い演出。

サスペンスホラー
生理的に気持ち悪いシーン
迫ってくるようなスリルと本当に居るような登場人物
見るだけでムカつくマンガ、特にカラーが嫌い
一体どんな漫画なんだ……?

ジャンプの新年特大号……和月……

声優は櫻井孝宏か。ブチャラティのイメージが強いんだよな。あれゲームとしては微妙だったけどキャスティングは合ってた。
まあ、それでもミスタVSギアッチョとかブチャラティVSボスとかは何回もやったけど。

「味もみておこう」
これらの一件により風評被害を受けている荒木先生。

吉良との因縁では仗助以上の露伴先生。
子供の頃に杜王町に住んでた訳だけど、この時から鈴美お姉ちゃんとの話を考えてたんだろうか。

あァァァんまりだァァアァ
身から出た錆だけど間田不憫。もう殺してやれよ。

「この岸辺露伴が金やちやほやされるためにマンガを描いてると思っていたのかァ―――――ッ!!」
「ぼくは『読んでもらうため』にマンガを描いている!
『読んでもらうため』
ただそれだけのためだ
単純なただひとつの理由だがそれ以外はどうでもいいのだ!」
傲岸不遜な人格破綻者だけど信念は好き。というか普段の態度と信念のギャップが良い。
ジャニーズには屈しない荒木先生も好き。

「この完成したマンガを誰も読まないんじゃあないかと思って不安な気分がだんだん大きくなる」「何をかいていいかわからなくなって何もやる気が無くなるんじゃあないかと不安になる」
この辺もまた先生の本音なんだろうな。4部はそれまでの部と比べて大幅に路線変更してるし。

スタンドのアイデアを思いついた時の荒木先生も露伴先生みたくテンション上がったんだろうな。

エコーズ並の成長速度を誇るヘブンズ・ドアー(天国への扉)
メタ的に考えるとサブレギュラー化するにあたって初期の能力だと使い辛かったんだろう。
簡単にイタリア語を習得出来るとかかなり便利だよな。




関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる