ブログパーツ

後悔と悲しみを乗り越えて更新




職場からアパートまでの間にパチスロがあって駐車場に大型スクリーンが設置されてるんだ。そこで新台の宣伝をしてるんだ。
織田信奈の野望については「へー」で流したんだが次に東京レイヴンズが流れた時は
「あざのー!東レを売ったのかー!」
と鬼柳さん並にキレた。ガルパンの時並にショックだった。これも2期の為に耐えなければならない苦しみだというのか……

パチスロといやぁ、職場の人がファフナーの話をしてたんだが、乙姫ちゃんの名前の読み方は「おとひめ」じゃなくて「つばき」なんだよなー。

追記
ファフナーといえばSS速報VIPの
蒼穹のファフナー -「あなた」は、そこにいますか?-
が面白い。オリキャラを加えた再構成としてハイレベル。
カノンのSDPでTASられてる気分。とりあえず皆城くん謝って。
コンマ神「これが俺の祝福だ!」
スレ民「我々はエレちゃんによって金髪巨乳の良さを理解した」
原作「私はまだここにいる」
鬱フラグ「前はいた、今はもういない」
死亡展開「ここにいたい……ここにいたいよ!」



6個入り400円の八朔を買ったんだけど、一日経ったら4個が腐ってた。
皮がぶよぶよに変色してた。剥けば大丈夫かなと思ったけど変な臭いがしたからゴミ箱にシューッ!
300円損してしまった。これからは甘夏だな。



ニコニコ動画で何気なく
初期と後期(現在)で絵が大きく変わったと思うマンガ集
を見直したんだが、投稿日が9年前である事にビビる。今ならはねバドが載りそう。超面白いんでアニメ化してほしい。でも実況で綾乃ちゃんは絶対咲さんと同じ扱いされそう。



ゴールデンウィーク?それは一体……
golden weak……察するにミダス王の話か何か?それともSAOをAGEられないエレク様の事?

いやまあ、有給取ったんだけどさ。本当は取りたくないんだけど、労使協定が云々で取らんとあかんのだよな。
ギリギリの人数でやってるから公休以外に休む人間が出ると仕事がきつくなる。インフルエンザシーズンは戦々恐々。
仕方なく普段より仕事量が少ない(かもしれないし普段より多いかもしれない)GW中に取った。特にやる事はなかったけど。精々録り溜めしてた真田丸を見たくらい。

有給といえばあ、時折ネットで使い切れなかった有給休暇を会社が買い取ってくれないかという愚痴を耳にするが、そんな事をしてくれる会社ならそもそも有給を消化出来る体制を整えてるんだよなー……

「くれない」と入力した時点で変換候補に
紅は園生に植えても隠れなし
と出てなんじゃらほいと思ったのでググったら
>すぐれた者は、どんな所にいても目だつというたとえ。
へーへー



ハーメルンの「桃香ちゃんと愚連隊」
恋姫二次かと思ったら鉄血のオルフェンズだった。

オリ主は劉備の義兄の呉懿か。
恋姫二次を読み漁ってると、三国志には登場するけど恋姫には出てこないオリキャラについて「この作品だとどんな設定だっけ?」と首を捻る事が多々。
性格や外見が千差万別なのは元より年齢や性別すら色んなバリエーションがあるからな。
劉表
陶謙
高順
法正
簡雍
何進
張譲
廖化
田豊
皇甫嵩
太史慈
曹騰
紀霊
この辺りは割とよく見る印象。



はいからさんが通るの新作映画をやるらしいが、やはり今は昭和なのでは……?
ボブはいぶかしんだ。
当時の子供が大人になった頃にリメイクするのはマーケティング的にも正解だが。



プリズマ☆イリヤ ドライでのマジカルサファイア役はかかずゆみさんか。真ゲッターでの翡翠ちゃんだね。妥当な所じゃないでしょうか。
ドラえもんの2代目しずかちゃんが有名だろうけど個人的にはガンダムXのサラ、ヴァンドレッドのディータ、スパロボのゼオラの印象が強い。
ヴァンドレッド、スパロボに参戦しないかな。最近のスパロボでよくある平行世界ネタを使えば敵が地球というネタもいけそうなんだが。
参戦の暁にはマクロスとかゴーダンナーとかアクエリオンとかイデオンとのクロスを……

それはそうとどこまでやるんだろう。サクランスロットを見たいような見たくないような。
士郎と桜が相打ちになって水中に沈むイメージが頭から離れない。OSAKAの二人みたいに(今の桜は慎二と同じ状態だろうけどさ)

某所で見たボトムズコピペ的なやつが面白かった。
>無印→女の子のキャッキャウフフと友情のバトルもの
>ツヴァイ→女の子のキャッキャウフフと家族愛と友情のバトルもの
>ドライ→自らの夢を叶える世界を救える手段をその手に持ちながら、その代償に苦しむ衛宮士郎、しかし、育ての親の心のうちを知ったことで、悩みの果てに彼は妹の味方になる道を選ぶ。だが、それは世界の救済を目指す親友との決別を意味していた。星も月も失い、それでも妹の為に進むしかない衛宮士郎の長く辛い戦いが始まる…


これに触発されてラノベ版でやってみた。
一般人の認識
半分の月がのぼる空:昔やってたドラマ
ログ・ホライズン:作者が脱税で逮捕された
IS:イスラム国
ソードアート・オンライン:なにそれ
境界線上のホライゾン:遠い未来、ある理由からもう一度、歴史をやり直し始めた世界。
かつて神として天上へ昇った人類は、争いの末、神々の力を失い、再び地球と呼ばれた大地へと戻って来た。しかしその星の環境は荒れ果て、神州以外に人の住める場所は無くなっていた。
人々はかつての繁栄を取り戻すべく聖譜と呼ばれる前時代の歴史書を元に現実世界の神州とそのコピーである重奏神州に分かれて歴史再現を行っていた。しかし中世の神州に於いて歴史再現の失敗により生じた重奏神州の崩壊が世界各国による極東神州の分割支配を招き、各国の王はそれぞれの土地の戦国大名との合一を図ったのである。そして現在極東の戦国大名と世界各国の英傑達は極東史の戦国時代と世界史の三十年戦争時代をやり直しつつ世界の覇権を争っている。

ホラペディアに1話の台本がついてたんでそのまま引用させてもらった。



Windows10なんかに絶対負けたりしない!
Windows10には勝てなかったよ……
5月16日の夜、パソコンをスタンバイ状態にして寝て起きたら10になっててポルナレフ状態。
動かなくなるフリーソフトがあって10対応の新verを再インストールする破目に。
今こそ言おう。何もしてないのに壊れた。



結構慢性的な頭痛持ちなんだが、薬物乱用頭痛に陥っているんじゃないかと危惧してる。
ヤク中患者の治療は困難を極めると言うがやらんといけんだろうなー……
夕方や夜になると比較的楽になるんだが。



三菱自動車はどうなるんだろう。水島製作所がある岡山県の倉敷市はガチで市の経済に関わるレベルの大問題らしいね。
話は全く変わるんだけど、リリカルなのはのオリ主の名前にディグニティを採用した事があった。

追記
なにやらスズキも燃費を偽装していたとかいなかったとか。ヴェローナを使った事がある。



コアップガラナというのを飲む機会があったんだけどあんまり美味くないね。 知り合いからも薬っぽいと不評。
一気飲みしたらゲップが出た。



小説家になろうにある「陸上の渚」が超大好きで早く日本とイルリハランの一般レベルでの交流が見たいと思ってるんだけど、よく考えたらあれだな。文明レベルがほぼ同じなんだから海外の反応アンテナを見ればいいじゃんと気づく。



夏にはアリシアママンにスタン君をNTRるアリーザのエロ同人がいっぱい出そうでワクワクするな。
シータちゃんの前でラーマ君をメスイキさせる同人もそこそこ出そうで戦々恐々。



第845回のtotoBIGで6等が当たった。570円だけど。



スーパーロボット大戦V
無敵超人ザンボット3
無敵鋼人ダイターン3
機動戦士Ζガンダム
機動戦士ガンダムΖΖ
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
機動戦士クロスボーン・ガンダム
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
劇場版機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
機動戦士ガンダムUC
勇者特急マイトガイン
劇場版機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-
真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日
真マジンガー衝撃!Z編
真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍
フルメタル・パニック!
フルメタル・パニック?ふもっふ
フルメタル・パニック!The Second Raid
フルメタル・パニック!(原作小説版)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
宇宙戦艦ヤマト2199
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

Vの意味はVoyage(航海)っぽいね。
ヴァンドレッドや無限のリヴァイアス、ヒロイック・エイジも見たかった。

エンブリヲ様とブラック・ノワールは相性が良いかもしれない。

最近のスパロボの傾向からすると痛姫様がクロスボーン・バンガードなりマフティーなりソレスタルビーイングなりの一員になりそう。ちゃっかりミスリルのウルズナンバーになってても不思議はない。
長浜ロマンロボシリーズやブレイクブレイド、コードギアスとの共演が待たれる。ナオミの登場は……無理かな。
外見がキラで声が刹那のタスクは絶対ネタにされる。あとラブホテル夢有羅布楽雅。
それにしても、何故ファフナーの飛鳥さんがいるんだ?

シンフォギアの二課はガンダム、ゲッター、マジンガーの御三家主人公が揃ってたけど、今回でクロアンも加わったな。あとは輪廻のラグランジェが来れば……

ZZとUCの同時参戦ってプルとマリーダさんの関係はどうすんだろ。成長期でどうこうなる話じゃないが。ZZは終了後かな。

劇ナデ、仲間由紀恵は出るんですかねぇ?(ゲス顔)

小野Dは初の主人公か?鋼鉄神ジーグは声なしだったし。

グレイ・ストークさんとガンプの登場は……無理だろうな。
アムロの戦闘能力のみのコピーだった筈なのにトビアを導いたバイオ脳とかMSレイプ!ニュータイプと化したエテ公とかスカルハートの題材は面白いよな。惜しむらくは実家にあるので読み直せない事か。
鋼鉄の7人で量産されてたアマクサはスパロボでも大量に出現しそう。

閃ハサや鋼鉄は機体参戦だけと聞いたが、版権キャラで鋼鉄の7人作戦的なエピソードをやってくれないかな。

沙慈・クロスロードが今度は誰と関係するのか……

マジンガーZEROの終盤エピソードでネタに走ってくれないかな。
切腹するロボとか二機でカップリングしてるロボとか残念なロボとか巨人、鳥、甲殻類の三タイプに合体変形するロボとか覗き見する破壊の神とか善悪相殺するロボとかドスを持った悪魔とか。
「想像力がついていけないのか俺にも光にしか見えないぜ」
「ああ 俺もだよ」
とか書いときゃ大丈夫大丈夫。



最近のやる夫スレでは「トラッククエスト8 ~WWIIに転生して介入するお話し~」にハマってるんだが、戦前の史実日本って無理ゲーやらされてるとしみじみ思う。よくあそこまで持ち込めた。どっかの雑談スレで太平洋戦争をどうにかしようと思ったら戦国時代辺りからの改変が必要という話を見たけど納得。真珠湾直前からの開始を余儀なくされた「無職ニートの俺は気が付くと聯合艦隊司令長官になっていた」は泣いていいよ。

「中学生の意見を真剣に取り合って軍の演習で検証してくれる軍人NPC」と書くと「GMの温情を感じるしいないと話が進まないけどご都合的すぎるよね」と思うけど、そいつが石原莞爾だと言われると納得してしまう不思議。
某所で織田信長や羽柴秀吉やアレクサンドル・スヴォーロフが転生チートオリ主扱いされた事があるけどこいつもそうだって絶対。
現実って小説と違って脈絡なくバグキャラを放り込んでくるから困る。リアル先輩はあまりリアリティ先輩をいじめないであげてほしい。
なろうの「勅令護民総隊奮闘記~航空母艦“竜飛”出航す~」でも石原なら……石原ならきっと何かやらかしてくれる……!という期待が高まる。



カードキャプターさくらの新作やるらしいね。
多くの一般人をオタク道に引きずり込んだ罪深き作品よ。
ちなみに、自分はとある登場人物と同じ名前なので桜ちゃんに名前を呼んでもらった事があります!
丹下桜ヴォイスは麻薬(確信)
カリおっさんの声に脳をやられて即座に騎空士になった人もいるらしいし。



安くて糖分0だというスポーツドリンクの粉末を買ってみたら人工甘味料のアセスルファムカリウムやスクラロースが入ってた。サイトの原材料欄には記載がないという悪質さ。
人工甘味料というだけでやたら危険視するのも問題だとは思うが、情弱なので控える事にした。ポカリスエットを薄めて飲む事にする。



水素水の次はケイ素スムージーか。なんか金色に光りだしそう。
あなたはそこにいますか?



◆TLDPZPDjO6氏の楚漢戦争スレが復活。超嬉しいんだけど。
エタ報告が来た時はガチで落ち込んだからね。
へへっロマンブレイク宣言に震えてきやがったぜ!



>マギアスブレード/異世界剣士の科学都市召喚記

>著者/一条景明 イラスト/冬ゆき
>定価/(本体610円+税)
>2016年7月9日発売
>ISBN 978-4-04-892228-9
>魔法世界×近未来都市!
>――二つの世界が交錯するクロスオーバー・ファンタジー!!

> 宿敵との決戦の中、近未来都市へ召喚された魔法剣士クリス。彼が出逢うのは魔法と似て非なる"技術"を操る藍空遠羽という少女だった。自らを<ガーディアン>と名乗る彼女は、クリスをバグと呼び抹消しようとする。刹那の隙を突かれ捕らえられたクリスは、監視の名目の下、遠羽とともに学生生活を送ることに。元の世界へ帰る方法を探す一方で、初めて穏やかな日々を過ごすクリスだったが、その安寧は終わりを告げる――宿敵との邂逅を告げる因縁の呪術「二者一殺の刻印」が輝き出すとき、異世界の魔法剣士は未来都市にて復讐の刃を振るう!


一条×景明だって!?
聖剣抜刀して善悪相殺しそう(小並感)
奈良原……お前は今どこで戦っている……
イラストレーターが型月ファンっぽいね。オーバーラップ文庫の「現実主義勇者の王国再建記」の表紙もセイバーと草の字みたいだし。

話は変わるけど装甲悪鬼村正の贖罪編が出るらしいんじゃん。無料という事でこれは是非ダウンロードしなくては。
牧村楓?が「冴えない彼女の育てかた」の加藤恵に見えたのはここだけの話。

これを機に「スーパーロボット大戦MURAMASA」や「スーパーロボット大戦E」の新作が出ないかな。



ガンガンONLINEでゴブリンスレイヤーが公開開始。
元AAを知ってるとくすりと笑えるな。元がウッキー殿な蜥蜴僧侶とかどうなるんだろう。

KUMOさんの作品は最初から読んでるけど、つい最近まで作者アバターがデッドプールじゃなくてスパイダーマンだと思ってたのは俺だ。デップーとスパイディって似てるし……

版権の関係で絶望的だろうけど仮面ライダーグロンギも漫画で見たい。
「夜の学校で学ラン男子が超能力ぶっかましてウゾウゾした怪物から女の子を守る話」も青葉が幼馴染み可愛いよね。
お兄様も大分芸達者になったもんだ。保身第一の小物なのに泥沼に嵌っていく勘違い系主人公とか黒髪ロング貧乳フェチのニンジャとかイムバドゥの悪魔なマスターチーフとか中華の魔王とか両翼を纏う金星人とか。



イギリスがEU離脱か。
安倍首相がリーマンショック並の危機と言ってたが現実になりそうで怖い。投資信託で積立してる「ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド」や「三井住友TAM-世界経済インデックスファンド」は大丈夫だろうか。
イギリスに進出してる企業も多いらしいし、日本経済への影響もデカそう。もう損する位ならいっそ課金しちまうか!?(錯乱)
自家製ミートソースとナスとほうれん草のボロネーゼでも食って落ち着かねば。

そして大川隆法は誰を降霊させるんだろうか。



真田丸 箇条書き感想

「じゃがではござらん!」
勝頼から付けられる予定だった護衛を断る時、勝頼が生き延びる事こそが真田の為になると信之が言った時は「おお!」となった。これは建前で本心は勝頼を案じたが故なんだろうけど、ちゃんとこういう建前を用意出来る男だと描写されたのが嬉しかった。放送前は信繁のよいしょ係になるんじゃないかと危惧してたから。山崩しの場面でもつまらない手でも信繁に勝ってると言われてたし。忠勝が名胡桃城奪還の手助けを申し出た時に毅然と断った時は震えたぜ。そりゃ、武士が他家の力を借りないと土地を守れないなんて情けないもんね。

そういう意味では勝頼様の描写にも満足。創作では無能な二代目と描かれる事が多いけど実際はなかなかに出来る人。ただ時勢と信玄の負の遺産がね……
作品のテーマである「偉大な先代の影に苦しむ次代」を見事に表現してた。昌幸の言葉に嘘はないと思いつつ甲斐を捨てられない所がもうね。
小山田信茂に裏切られた後の「わからん」とか自害する前の「四郎をたっぷり叱ってくださいませ」には胸が締め付けられる。
仁科盛信や跡部勝資に転生して支えたい。
由布姫から託された四郎を守れず家康もさぞ無念だろう……


1話でご飯に汁を次ぎ足しながら食べる北条氏政を見た時は言い知れぬ不安に襲われたが氏直を諌める為に昌幸を利用したり沼田は絶対渡さないマンにして北条絶対殺すマンの叔父上にラノベ槍の小松明で使者が殺されてもこれでまた攻める口実が出来たとほくそ笑む辺りは早雲の子孫たる大大名の風格を感じる。
ちょっとずつ食べる分だけ汁をかけるのが自分のスタイル、という独自解釈には唸らされる。
「関八州の覇者たる誇りと自信を一人で背負い込んだような男」と家康に評された氏政だが、こいつも勝頼と同じく先達の存在が重しになって理で生きられないのだろうな。っていうか、今川やら織田やらこれまで長いものに巻かれてずっとやってきた家康が特殊というかなんというか。

南北朝時代を舞台にした作品で言われてたんだが、今と違って夢を個人で叶えれる時代じゃないあの頃は先祖の宿願ってかなり重いらしいんだよな。氏綱が伊勢の名を捨て北条を名乗った時から栄光か滅亡の二択しかなかったのかもしれない。

小田原城なら防ぎ切れる公算はあったと思うんだ。
が、石田三成や長束正家が蕭何に匹敵する兵站能力を備えていた事が誤算だった。

つーか家康と会ってる時の高嶋政伸の演技凄すぎやしないか?信玄の駿河侵攻辺りから始まるスピンオフが見たい。


「黙れ小童!」で一世を風靡し、信長の野望・創造 戦国立志伝にも登場した室賀正武。
単純に善人ではなく、しかし主役を持ち上げる為の悪人でもなく、生の人間らしさが良かったね。
昌幸との一言では言い出せない関係性が何とも言えず心地よい。


上杉主従はあれ、自分の非力さを自覚しながらも民の力になりたい景勝さまは天使すぎないかな。狩野秀治や斎藤朝信に転生してry
そして閻魔への手紙を書きそうな直江兼続も最高。チベットスナギツネフェイスもね。


信繁は天才肌なのは間違いないんだけど、兄より才能があると自惚れていたと述懐させた事で深みが出た。


本能寺の変を速攻で終わらせたのは驚いたが、このあまりの急展開が真田視点とリンクしてたと思う。
織田信長や明智光秀の人となりよりいなくなった後の混乱の方が重要だし。


ないがしろにされた大名でもない父上は局地戦では政争でも戦でも縦横無尽に暴れられるのに中央が関わると翳りが見える。
後世の視点からすると信之お兄ちゃんは悪久みたいに独断で上洛しても許されるレベル。
が、早く上洛しても大して変わらなかったのかもしれない。結局秀吉からすると徳川家対策の駒の一つだしな。

「どこで間違えた」という嘆きに対して信之も信繁も即座に間違ってないと言ってくれて良かった。
この時代、どれだけの家が滅び去った事か。それを考えれば領地転封もなくやり過ごした辺りひとかどの人物なのは間違いない。
しいて言うなら秀吉の台頭で価値観や大名、国人の在り方が変化してしまった。大名の座を力ずくで勝ち取れる時代は終わりを迎えてたんだよなー……
幸いな事は秀吉のすぐ傍にいた信繁が新しい時代のルールに適応して、昌幸も息子の意見に耳を傾ける事が出来た点。この部分が氏政、氏直親子との違いであり両家の明暗を分けたね。

にしても田舎の特産品を馬鹿にされたのは辛かった。
毛利輝元「三成ってそういう所あるよな」
自分達の方で箱を用意させただけ三成は優しいのかな。ネットで、薫を連れてこなかったのが裏目に出たという指摘は目から鱗だった。

毛皮を羽織って登場しつつ徳川の与力になれと言う秀吉の上げてからの落としっぷりがえぐい。

大笑いしてる家康はあれ、歴史に詳しくない視聴者からするとイラっとくるだろうけど、詳しい視聴者からすると「これからも大変だから今くらいは笑っておくんやで……」と生暖かい目で見られる。
つーか真田が与力になっちゃった時点で北条と決別しなくちゃいけないんだよな。督姫……

回転扉から現れて室賀の刺客を瞬殺する出浦昌相格好良すぎか。
忠義に値打ちをつけるリアリストな所が好き。「誠の太閤立志伝」の鯰江高次なんかも滅んだ後を見据えて主家に仕えてたな。
信繁の大坂の陣参戦も忠義じゃなくて息子の就職活動説があるよね。


渡辺右近…金子平助…安中五郎……
叔父上のジタバタは予告で見た時は笑ったけど、実際見るとしんみりした。そして沼田城と一緒に死ぬんじゃなくてあくまで生きるつもりなんだよな。
主人公の身内が土地に拘って非合理的な行動を取るってこの時代、秀吉に従わずに没落した大名や武将のフォローになってるね。
氏政もまた北条を守る為に死んでいった者達の事を思い出していたのかも。


武田を真っ先に裏切ったというので木曽義昌は小物かと思ったらすげーあざとかった。
信玄は対峙した相手を失禁させる能力でもあるんだろうか。


石田三成の、大谷吉継や島左近と断金の契りを結ぶのも加藤清正や福島正則なんかに嫌われるのも納得出来る絶妙な案配は上手い。
そんな清正とも最初は仲良さげだったのが辛い。どっちも寧様の息子みたいなもんだしね。つーか「あの」清正が情を語る事に恐怖を感じる。

「佐吉は正気でございます。乱心されているのは殿下の方!」
いやぁ、石田三成主演の大河ドラマ「大一大万大吉」は面白いなー()治部殿、熱い男よ。


権左は犠牲になったのだ。
その最期はシグルイを彷彿とさせた。むーざん むーざん
茶々にそっけない態度をとってもそれはそれでデスノボリが立つクソゲー。
三斎様「普通普通」

こんなん秀次じゃなくても死ぬわ。
秀次、武家の跡取りとしては微妙だけど一人の人間としては間違いなく好感の持てる人物だけに辛い。百姓のままだったら家族や近隣住民に慕われながら幸せに暮らせただろうになぁ……木村重茲や前野長康にry
秀次に関してはむしろナレ死してほしい。畜生塚とかやられたら本気で泣く。娘が信繁の側室だとか知らん。


一見正気を保っているように見える秀長だが、殺されかけても許してやってくれと言っちゃう辺り、大分毒されてる。
ドラマ未登場の浅野長政も権力に溺れてたんだろうか。城主の息子だしあの一派の中では耐性がありそうだけど。

旭 1590年死去
秀長、鶴松 1591年死去
大政所 1592年死去
豊臣家の崩壊はこれからだ!(白目)

信之お兄ちゃんが93歳の若さで死ぬ戦国時代の無常さよ……
信尹叔父さんも長年の調略活動が堪えたのか86歳で亡くなっちゃうし、おこうさんなんか1619年までしか生きられない。真田一族は短命すぎる……


「こうして我らがやり合う事でまことの戦をせずに済む」
たった一言で好感度を上げる三谷のワザマエ。
板部岡江雪斎がここまでピックアップされた戦国大河は初めてだ。
長年武家にいた江雪斎さんの事だから沼田は実効支配していた真田のものだってのは本人も分かってるんだろうな。それでも戦を回避する為には北条のものだと主張しないといけない。辛い部下の立場よ。
そりゃ刀剣乱舞の江雪左文字も「和睦の道はないのでしょうか」と言うよ。


頑張れ家康!負けるな家康!
邪悪の化身真田昌幸を九度山に封印しサイコパスの巣窟大阪城を滅ぼすその日まで。
母娘の再会に感動する家康は良い奴だなーと思った反面、なか様の屋敷の回りに薪を積んだ本多重次はいどまじんされるな、と思った。

信玄病死といい天正地震といい家康には天運がついてるとしか思えない。そりゃ天下も取れる。
そしてひっそりと滅亡した内ヶ島氏理とその一族が不憫。チノ=リがあるとはいえ謙信公の侵攻を跳ね除けたりしたのにね。

徳川三傑ってたぐいまれな知謀を発揮する本多正信に比類なき武勇を誇る東国無双本多忠勝に癒し担当と思いきや家臣では言えない事にもずばりと切り込む阿茶局の三人でしょ?(すっとぼけ)
井伊直政はまあ、次回の大河「おんな城主 直虎」で出番がたくさんあるだろうから……

なんの得にもならんが北条を心底救ってやりたくなったと言う家康の懐の深さ。乱世を終わらせる男の器だね。後北条氏の狭山藩は幕末まで続いてるしね。主人公の敵を無能や悪人に描く作品が多い中でこういう描写は本当に良い物です。
そしてこれを聞いて嬉しそうにしてる本多正信もまさしく三河武士よ。
信繁相手に「必死で戦うておる若者を見たら手を差し伸べてやるのが年寄りというもの」と言っちゃったり感化されてる。この後気恥ずかしくなったのかそそくさと立ち去るのがあざとい。




生まれてくるのがいささか遅すぎたと言われた信繁が戦国時代最後の花を咲かせるのがなんともいえない。
つーか信之からこの発言が出るのが意外だった。史実ではマジ軍神の兄上だけどドラマじゃ描かれなかったからさ。
15話で伸之の活躍出来る世が早く来るといいと言った薫に対して昌幸が無言だったのが印象的だったけど、当の息子も戦がなくなる事に哀愁があったのな。

伊達政宗や立花宗茂が信繁と同い年だけど(あと有馬晴信も)こいつらもやっぱ残念に思ったのかな。
まーくんが惣無事令(的な何か)を無視してヒャッハー!したのも……いや、これは生来の気質な気がする。
そして毛利勝永は更に10歳年下なんだよな。この作品でどう描かれるのか期待大。


稲姫から蛮族に嫁がされる姫騎士的なアトモスフィアを感じる。
信憑性が今一つらしいけど犬伏の別れの後での沼田城の逸話をやってほしい。
木島新六郎に切腹を迫ったのは真田太平記のオリジナルだけど、あれも面倒臭い武家の娘らしさが出てきたな。

上田と駿府をシエワープしても藤岡忠勝なら納得してしまう。


戦国熱が燃え上がり小説家になろうで色々歴史物を探してたら「淡海乃海 水面が揺れる時」というのを発見。この作品でも「家臣の娘を養女にして取り込みたい家に嫁がせる」というシチュエーションがあったんだが、主従関係が絶対じゃないこの時代だと家臣の面子も立てないといけないから実の娘より養女の方が貰う側としたらありがたい、という話をしててなるほどなー、と感心。まさに狸の将来を暗示しているようだ。
「夜叉九郎な俺」や「いそしめ!信雄くん!」が更新再開しないかな。


決断を迷う昌幸への「卑怯者で何が悪い」と諭すおとり様は幸隆の妻と言われると納得。
おとり様にとってはおこうさんも孫なんだよな。初孫の可能性もある。そりゃ離縁の話になって怒るのも分かる。
そして責任を信之に押し付ける昌幸の小物っぷり。でも女性陣は皆気付いてるよね。


図書室の主、大谷さんは大阪編の癒し。
昌幸や信繁が西軍に付いたのは刑部との縁じゃないかって説があるけど納得。聚楽第落首事件で尾藤道休に責任を被せる案に同意した時は「あ、これ将来の義親子だわ」と思った。
でも秀吉に躊躇いなく諫言しようとした時は自分も三成と一緒に焦った。あんた九州征伐の時に謹慎処分食らってるでしょ!


「茶々は日の本一幸せな女子でした」
この台詞は言えそうにないよな。稲姫は言えそうなんだが。

「私たちは同じ日に死ぬの」
落城のプロ茶々に見初められてしまったせいで信繁は……
真田太平記でも向井佐平次に同じような事を言われてたな。

「この子供の父親は……源次郎です!」とか心臓に悪すぎる。

(せきこみ)


追記

(小便をする音)

督姫が氏直に嫁いでるから秀吉に信用されてないのかな?と家康は愚痴ってたけど義風堂々じゃむっちゃ根に持ってたよな。

関東の連れ小便は笑いどころのように見えて家康には辛い場面だったな。秀吉は秀吉で晩年には信長の悪夢を見て寝小便するんだっけ。

三成が忍城攻めの案を語ってる時の真田親子と上杉主従の険しい顔がね。「やめたげてよおおおおおお!」となる。

のぼうクラスタが盛り上がってたけど残念ながら成田氏の面々は登場せず。
「やる夫は武蔵国の小豪族に生まれたようです」を久々に読み直してくるか。
そういや甲斐姫って関東の最強BBA妙印尼の孫なんだよな。

取り残された者は消えていくしかないと信繁が言うのがね。歴史を知ってる視聴者の心に残ってしまう。
「せっかく来たからには城が焼け落ちる所まで見ておきたいわね」
茶々、浅井は滅んだんだから北条も滅びないと理不尽だと思ってるのかもしれない。

氏政が慢心していた逸話として使われる蹴鞠や香を、士気を保つ為に必死に取り繕っていたと解釈する三谷脚本は相変わらず見事。





「華々しく戦国の世に幕を引きたかった」
信繁に呪いをかける奴がまた一人。
少々強引かなと思わなくもないがドラマとしては氏政と会って勝敗の見えた戦をやめて生きるよう説得する展開は絶対必要だった。なにしろ大坂の陣での信繁はまさに氏政と同じな訳で。

「恥は一時でござる。生き延びることこそが肝心」
2話の頃から生きる事を第一に考えて屈辱も飲み込んできた家康だからこそ言える台詞。だが氏政は既に愚かであっても誇り高き死を選ぶと決断しているのだった……

「これ以上関わると貴殿に災難が降りかかる。ここまでにしていただこう」

「ここまでで……でござるか?」
「ここまでで、ござる」
この二人が手を取り合えない世界は間違っている!俺はこんな世界破壊する!と拗らせ系ラスボスの気分になる。

前回、あんだけ家康をおちょくってた昌幸が氏政助命に関しては協力してたのが氏政という存在の大きさを感じさせる。
でも景勝様が髻を落とすと言った時に露骨に嫌そうな顔をしたり忍城を落とす時に氏政を貶めたり、やっぱり昌幸は昌幸だった。

吹きと吹く 風な恨みそ花の春 紅葉も残る秋あらばこそ
三人の説得に折れてほしかったけど、戦国大名の意地の塊のような氏政だからこそ三人が好敵手として認め救おうとした訳で、それ故に秀吉に屈するのはありえないんだよなぁ。

織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座して喰らふは 徳の川
まーくんのずんだ餅講座。
ここだけだとコミカルだけど無念を押し殺して無理矢理テンションを上げて秀吉に媚を売ってたのかと思うと痛々しい。
生より誇りを選んだ氏政が切腹した回で誇りより生を選んで道化に徹する政宗が出てきたのが象徴的。
それにしても昌幸の顔だけ見てた筈ないから全員の反応を注意深く窺ってたんだろ。隻眼だけど抜け目のない男だ。家康に気骨がないと思わせたのは大勝利。
そして徳川と真田を瞬時に分断した秀吉もしっかりと観察してたんだろうな。

20年前に生まれてたら全盛期の蘆名とぶつかってたんだけど、あれだけの才覚を持ってたら愚痴りたくなる気持ちも分かる。そして昌幸こそ20年早く生まれて京に近い場所にいた大名というのが意味深。

ススキ野原の粉飾っぷりが凄い。
実際はそこまで田舎じゃなかったけど家康ageの為に資料上では辺境扱いしてたんじゃないかって説もあるらしいが。

利休とかいう死の商人。
茶聖というイメージをかなぐり捨ててここまで俗物な利休はすげー新鮮。
大体の大河では耄碌した秀吉の犠牲者という印象だが本作だと自業自得すぎる。むしろ世の為人の為、一刻も早く排除しなきゃ。
それにしても利休が北条に鉛を売りつけてた訳だがもしや山上宗二が仲介したんだろうか。

石垣山城が80日で完成。
一夜城と言われてるが隠すどころか実際はむしろ見せつけてたらしいね。威圧目的で。



「兄上は!あと何年生きられるおつもりですか!」
恐らくもう長くない事を悟ってるだろう秀長さんの台詞が悲しい。
麻生さんの発言を思い出したのはここだけの話。マスゴミの炎上テクニックは本当凄いぜ。
自分や兄上がいなくなった時に誰が鶴松が守るのか、一人が力を持ちすぎてはいけないという言葉、秀次の粛清フラグに思ったのは邪推しすぎだろうか。

利休を追い落とす算段を立てたり生きてるうちから鶴松の葬儀の手筈を整えたり清正達に嘘吐いたり、大谷さんもやはり戦国武将だった。流石は信繁の岳父だぜ。むしろテンプレイメージな三成像に近いのが面白い。

怨念がおんねん。
祟りなんてねーよと言った大谷さんが「人面獣心なり。三年の間に祟りをなさん」になるんだろうか。病気になった事で心変わりでもするのかな。

「たとえ 住む所は違っても心は常に一つ。一家とはそういうものです。」
犬伏の別れに繋がりそうなセリフですな。

山門をくぐる時に利休の足元を通るって「国家安康」「君臣豊楽」並のいちゃもんに思えてならん。まあ、文英清韓はガチでそういう意図だったらしいが。

大徳寺に像を寄進したのは茶々に言われたからだって弁明の機会はあった筈なのにしなかったんだな。
茶々が利休を父と慕ってたように利休も茶々を娘だと思っていたのかもしれない。茶の湯を極めたという事は黒い部分だけでなく情が深い部分も間違いなくあったんだろう。
あるいは秀吉を煽って戦乱を起こした自分が秀吉に家族を殺された茶々のせいで破滅する因果を宿命と言ったのかもしれない。

きりちゃんが茶々は皆を不幸にしてると言ったのは事実なんだけども、本人もその事をすげー気にしてるのがな。
この茶々が秀頼の出陣を拒んでもそりゃ仕方ない。つーか信繁も要請しそうにない。

悲しむことをやめていた茶々をきちんと泣かせる寧様がちょっと女神すぎないかな。つくづく秀吉との間に子供がいなかったのが悔やまれる。大友の珠姫さえいてくれれば……

これまですれ違ってた三成、清正、正則が水ごりを経て一致団結して豊臣家を支えていくんだな!(白目)
あれが堀北真希を孕ませた男の体……
水ごりなんかしても回復しないのは分かってるけど、それでもなんかしないといられない三成の心境を考えると辛い。

これまで狂気を見せていたが子供への愛情は本物だっただけに秀吉の姿がひたすらに哀れでね。無音の空間に鳴り響くでんでん太鼓の音や次回予告のテンション高い秀吉がきつすぎる。
豊臣藤吉郎君が見たかった……
とか思ってたら秀頼が元服した時に藤吉郎を称したと聞いて「ああああああああああああ!」ってなった。
大阪編が始まった頃は「1話を見た時は「太閤殿下はもうこの世にはおられません!」と誰かに言われそうだと思ったけど、あの秀吉の為には戦わなそう」と思ったものだが秀吉の為に秀頼を守るとする未来は十分ありえる。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる