ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」 感想















※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。









ジョセフ・ジョースターの命を狙うレッド・ホット・チリ・ペッパーを倒すべく、仗助たちは港に集まっていた。バッテリーのついたものでジョセフの船へと乗り込むであろうと考えた承太郎は、仗助と康一を港に残し、何かが飛び立ったら本体を探して撃退するよう命じる。ジョセフに対する複雑な気持ちを抱く仗助の前に、勝利を確信したレッド・ホット・チリ・ペッパーの本体が姿を現す!

◆脚本:小林靖子 ◆絵コンテ:加藤敏幸 ◆演出:朝木幸彦
◆作画監督:芦谷耕平/SHIN HYUNG WOO



うっとり
小指を折られた怒りをライトハンド奏法で表現する音石先輩はエシディシと似た部分があるのかもしれない。
っていうか演奏技術が凄すぎる。返事とかどうやってるんだろう。

音石先輩は実際反省すると強いんだけど、すぐ油断してまたすぐ反省する破目に。

コールタールを利用するのは意識してやってたんだろうか。ジョセフも女帝戦でやってたけど。

仗助をぶちのめす所は原作でもスピード感あったな。
「100万円くれーかな」が欲しかった。

音石先輩のしぶとさは異常。
レッチリ、電気と同化してて消せない反面本体へのフィードバックも少ないんだろうか。

おそ松くんのステマ。
おそ松さんの方だとおそ松がブチャラティ、カラ松がアナスイ、チョロ松が露伴先生、十四松が承太郎だっけ。

嫌われる所か意識すらしてもらえないのは辛いな。自業自得だが。

疑わしきは罰する。
運命の車輪戦でも行われようとした伝統的な戦いの発想法。

Bパートの最初の方で吉良の背中姿が出てきて「お、ファンサービス」かと思ったらラストに出てきたな。
アニメだと1話から触れられてて印象が変わる。





関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる