ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一エコーズ」感想






※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。






自転車で学校へ向かう途中、康一は袋に入った猫をひいてしまった。あまりの事に慌てふためく康一。そこへ小林玉美という男が現れる。事故にも関わらず、猫を埋葬してやるから金を出せと言い始める玉美。訳が分からずあっけにとられる康一を、猫をひき殺してタダで立ち去るのかと責め立てる。罪悪感にかられた康一の胸に錠前が現れて―!

◆脚本:ふでやすかずゆき ◆絵コンテ:ソエジマヤスフミ ◆演出:ソエジマヤスフミ
◆作画監督:Cha Myoung Jun



エコーズの隠された能力である身長を奪う能力が既に発動しているな。

玉美の声優は鶴岡聡さんか。
ジル・ド・レェみたいな狂人の声、アーラシュさんみたいな爽やかな声や鳴滝みたいな渋い声など幅広い演技が出来る人だけど、玉美みたいな小物の演技も上手い。
「全然弱いぞっ☆」がツボに嵌った。

仗助のガラの悪そうな奴と付き合い多い発言に笑う。実際康一君のコミュ力はすげえ。

実はサイヤ人だった康一君。
「よし それじゃあ明日までにキッチリ50万持って来い!」
ここの悪い顔が最高。

口が上手い上に頭が回る上に体を張る覚悟がある玉美が恐ろしい。
形兆の兄貴が言ってた車やバイクを運転するのと同じというのを体現してる。

芭蕉の下りで某コラを思い出した。
これやこの 行くも帰るも
別れては
知るも知らぬも
あふさかの関
名づけよう!君のスタンドは『蝉丸』!

玉美がスタンドを身に付けたのが4ヶ月前という事は結構な人数の被害者がいそうだが、間田の話で酷い目に遭ってるしまあ……

1話からここまで家族の絆に纏わるエピソードだったんだと改めて気付かされた。



関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる