ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」 感想




※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。





弓と矢で射られ瀕死の重傷を負った康一を助けるため、虹村邸の中へと歩を進める仗助。その彼を天井の闇の中から無数の光が攻撃してきた。仗助は間一髪でかわすも、攻撃を受けた億泰の顔面には無数の穴が!仗助は形兆のスタンドの正体を話せば傷を治してやると億泰に持ちかける。しかし、それでもしゃべろうとしない億泰に対して、仗助は驚きの行動に出る!

◆脚本:ヤスカワショウゴ ◆絵コンテ:高村雄太
◆演出:ソエジマヤスフミ/加藤敏幸/津田尚克/高村雄太
◆作画監督:Cha Myoung Jun/Shin Hyung Woo/芦谷耕平/仲敷沙織


蓮コラ
まともに食らったら手足が吹っ飛ぶ火力のバッド・カンパニーを食らっても億泰が即死しなかったのは口ではああ言っても手加減したんだろうか。偶然かもしれない。

大人は嘘つきではないのです。間違いをするだけなのです。
3部ではスタンドは一人一体だったけど6部辺りからは完全に一人一能力に変更されてたな。

「深い理由なんかねえよ「なにも死ぬこたあねー」さっきはそー思っただけよ」
自分を治せないのに助ける仗助は本当に優しくて大好き。生来というのもあるだろうけど爺ちゃんが殺された直後というのも大きそう。エニグマの少年はその辺で逆鱗に触れちゃったね、きっと。

改めて気付かされたが康一を生かす為に必死の仗助と親父を殺す為に必死の形兆の対比だったんだな。

康一がスタンド能力に目覚めて大活躍して形兆撃破!
と思うじゃん?

自分の能力を説明してくれるACT3やスパイスガールズの優しさ。
ノトーリアス・B・I・Gとかどうやって能力を判別したのやら。本能で理解する奴もいるが。

原作でモーゼみたいに進むシーンってDIOがエメラルドスプラッシュを弾く場面に似てるよね。



関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる