ブログパーツ

テラフォーマーズ リベンジ 第1話&2話感想




第1話「2ND GENERATION 特別な二人」

西暦2620年。火星生まれの致死率100%の病原体、エイリアンエンジンウィルスのワクチン製造のため、異常な進化を遂げた人間大のゴキブリ、通称「テラフォーマー」のサンプルを確保するべく、膝丸燈らは火星へと降り立った。想定外のアクシデント、テラフォーマー達の猛攻を受けながらも何とか生き延びた燈達であったが、任務遂行の裏で人類同士の争いが勃発する…。火星を舞台にした極限のサバイバル、その第2ラウンドが今始まる!

西暦2620年。かつて人類が遂行した「テラフォーミング計画」により火星は限りなく地球に近い星へと変貌を遂げたが、一方で謎の進化生物“テラフォーマー”と致死率100%の病原体“エイリアンエンジンウイルス”が生まれてしまった。二つの悪夢を断ち切るべく、特殊な手術で人体を強化された戦士達が火星へと送り出される。その目的を果たす為、さまざまな過去を持ちながら戦い続ける主人公 膝丸燈とミッシェル・K・デイヴス。その胸には、失った仲間への思いや地球で自分たちの帰りを待つ人々の姿が刻まれていて―。

脚本:荒川稔久 絵コンテ:福田道生 演出:有冨興二



メタルクウラ軍団に挑む悟空とベジータを彷彿とさせるね。

戦闘がもっさりしてるのが気になる。予算減ったのかな。
なんか演出もちょっとおかしい。シリアスをやりたいのかギャグをやりたいのか。

×少年漫画のヒーロー
○青年漫画のヒロイン

とりあえず海へ

謎の光と共に覚醒してじょうじ共をバッタバタ薙ぎ倒す、と思うじゃん?
レイフォンや遊矢がこっちを見てる。






第2話「CENTURY OF RAISING ARMS ~怒りの艦長~」
火星で散り散りになったクルーたち。行動を共にする第一班と第二班は、合流を目指してアネックス本艦へと向かう。第三班は通信不能、第六班からのSOS信号に次いで第四班の全滅報告に、気持ちが沈む小吉たち……。一方、別行動を取っていたアシモフたち第三班は調査をしていたピラミッドの中で衝撃の事実を目の当たりにする。時を同じくして、無人のはずのアネックス本艦にてテラフォーマーの死体の山が築かれる。火星で何が起きているのか? 誰も知らなかった事実が、ついに明らかに――!
脚本:荒川稔久、絵コンテ:福田道生、演出:きみやしげる、総作画監督:吉田南、作画監督:野田智弘/Seo Jeong-Ha






アナコンダの劉さんは良い人だなー。良い人だなー。あんまりアニメには出演してない人みたいだけど渋くて格好良い。
マブラヴでもそうだが、地球の危機だからといってそう簡単に一致団結出来ないのが人類なのであった。これだからアカは……
なまじ「その後」を考える余裕があるとね。

まあ、物語として見ると相手がじょうじだけというのは単調になりがちだからこういうエッセンスも必要かな。





スタッフ

原作:貴家悠・橘賢一 (集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:福田道生
シリーズ構成:荒川稔久
キャラクターデザイン:碇谷 敦 、相澤伽月
アクション作画監督:うつのみや理 、関崎高明
メカニックデザイン:バーンストーム・デザインラボ
美術監督:春日美波(KUSANAGI)
美術設定:成田偉保(KUSANAGI)
色彩設計:辻田邦夫
3D監督:名倉晋作
撮影監督:加藤伸也(グラフィニカ)
編集:近藤勇二(リアル・ティ)
音響監督:山口貴之
音楽:和田貴史
アニメーション制作:ライデンフィルムxTYOアニメーションズ
製作:Project TERRAFORMARS R

キャスト
膝丸燈:細谷佳正
小町小吉:木内秀信
ミッシェル・K・デイヴス:伊藤 静
マルコス・E・ガルシア:石川界人
アレックス・K・スチュワート:KENN
鬼塚慶次:小野大輔
三条加奈子:たかはし智秋
柳瀬川八恵子:豊崎愛生
シルヴェスター・アシモフ:石塚運昇
イワン・ペレペルキナ:赤羽根健治
アレクサンドル:奈良徹
劉翊武:小村哲生
西春麗:大原さやか
爆致嵐:小野友樹
ジェット:高橋英則
ボルジギーン・ドルヂバーキ:藤原貴弘
紅:ささきのぞみ
ジョセフ:石田 彰
蛭間一郎:杉田智和



関連記事

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる