ブログパーツ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第11話「ヒューマン・デブリ」 感想

哨戒に出ていた昭弘とタカキは、正体不明の敵と遭遇し戦闘状態に入る。襲撃者の正体は火星から地球にかけて活動する海賊のブルワーズだった。

脚本:鴨志田 一 絵コンテ、演出:綿田 慎也 キャラクター作画監督:しんぼ たくろう メカ作画監督:阿部 慎吾


敵の機体を盾にするミカの合理的だけど冷徹な判断好き。

グシオン総監がMSに……

船医も乗せずに惑星間航行。
放送前はオルガは兄貴分だと思ってたけど、壁にぶつかりながら成長する正統派主人公っぽい立場だった。

アインはどんだけ拗らせてるんだろう。

カバヤンはファンタジー系のエロゲに出てきそう。

昭弘は結果的に弟と仲間の天秤で仲間を取る形になってしまったな。これが昌弘との関係に影を落とさなければいいが。
昌弘達はオルガのいない参番組の姿だったのかもしれない。

クーデリアは善意の人だから何も出来ないのは辛いだろうけど、自分の力が及ばない事があると自覚してそんな時でも出来る事を探せるようになるのは大切。

鉄の子宮が必要そうな人が出てきたな。

アルミリアたん萌えー
ロリかくましと婚約者とか許されざるよ。
口は悪いけど妹の事を大事に想ってそうな隣の人と表面上は優しげだけどいざとなったら切り捨てそうなマッキー。
しかし、マッキーと聞くと「すごく・・・一撃必殺です」な人やMACの戦闘機が思い浮かぶ。

皆で「昌弘を助けようぜ!」となる鉄華団は本当に良い集団。

タカキは死ぬもんだとばっかり。嬉しい反面、仲間を殺された向こうと溝が。

トドが密かに暗躍してやがる。
結構人脈があって、侮っていい相手ではなかったな。


関連記事

テーマ : 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11「ヒューマン・デブリ」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第11話を見ました。 #11 ヒューマン・デブリ 「グレイズより緊急通信。所属不明機と交戦中、数は3です」 「所属不明だと!?距離は?」 「約1600.ユージン、援護を!」 「無茶言うなって、昭弘に当たっちまう」 「ハンマーヘッド応援頼め」 哨戒に出ていた昭弘とタカキは正体不明の敵と遭遇し、戦闘状態に入っていたが、そこにバル...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる