ブログパーツ

ノラガミ ARAGOTO 第10話「斯(か)く在りし望み」 感想


カピパーランドでの出来事に塞ぎ込むひよりであったが、雪音と再会し一ヶ月もの間忘れていた”夜トの記憶”を取り戻す。しかし、依然夜トの行方は掴めておらず気が焦る。その夜トは、襲いくるイザナミを避けながら恵比寿と共に黄泉の出口を探していた。しかし、黄泉において絶対的な優位に立つイザナミを前に窮地に立たされる。それでも“言の葉”を持ち帰ることを諦めない恵比寿。そんな恵比寿に夜トは疑問をぶつけるが……。



脚本:赤尾でこ
絵コンテ:迫井政行
演出:筑紫大介
作画監督:堀川耕一 阪本望実



泥水で口を濯がないとね。

思い……出した!

便利な言葉「諸説あるが」
他には「定説では~」
「やる夫が坂本龍馬になったようです。」は面白かった。

神器から蘇るから死んでも大丈夫と言われるのは辛い。
まあ、神器にとっちゃ特定の代の恵比寿に肩入れしてたらとてもじゃないがやっていけないだろうが。

次回
穢土転生



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる