ブログパーツ

ノラガミ ARAGOTO 第9話「糸の切れる音」 感想



夜トが消えて一ヶ月が経過した。小福ら彼岸の者は心配を募らせるが、此岸の人間であるひよりは夜トに関する記憶を徐々に薄れさせていく。その頃、高天原では、”妖を傀儡にする術師”に関して新たな展開を見せようとしていた。タケミカヅチが告げたその正体に、驚愕し信じることのできない毘沙門ら七福神たち。一方、黄泉から一人の術師を連れ戻すことで、父親から解放を約束された夜ト。野良と共に訪れた先で出会ったその人物は――。



脚本:福田裕子
絵コンテ:増井壮一
演出:中川聡
作画監督:藤巻裕一 関口亮輔



イザナミだ。
黄泉に飛び込む事にマジビビリしてる夜トは結構新鮮。

あらすじを見た時は夜トが冤罪を着せられるのかと思ったらちゃんと正解に辿り着いてた。
その恵比寿だが、暗躍してる反面どこか憎めない。
夜ト神、いつが暇?

他の面々がイザナミと会ったら誰に見えるのか気になる。

デメテル「冥界の物を食わせるとかマジやめろ」

分かりやすい地雷を踏み抜く恵比寿。イザナギが逃げたりしたから……菊理媛でも駄目だったか。
ってかこの作品の恵比寿は蛭子説を取ってたのな。そりゃ友達にはなれんわ。
ヘルとかなら友達になってくれそう。

望まれて生まれたから消えたくない、喜んでもらいたい。
ここ数話夜トの掘り下げが行われてるな。興味深い。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる