ブログパーツ

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第12話「伊丹なら」 感想



なんという事でしょう。あれほど美しかった森が炎竜の手によって火の海に変貌したではありませんか。

異世界物だと地味に役に立つボールペン。
化学の力で魔法をパワーアップ、これゼロ魔二次で見た展開だ!
飲んで×2は長門のオマージュだろ絶対。

それでも伊丹なら……伊丹ならきっとなんとかしてくれる!
前回、自営隊が積極的に攻勢を仕掛けられるのか気にしてたのがそもそも他国だったのか。そりゃ駄目だ。
牽引するとかしないと無理かな。囮はもちろん伊丹が行く。

それにしても緑の人の女性を連れて来いと言われたのに男にしか声をかけてないな。

駄目だこの騎士団、早くなんとかしないと……
あの執事役の人もそのうち餌食になりそう。

助けた相手に「ありがとう」と言われるのはなによりの励みになるな。日本語を覚えてくれたならなおさら。
2期が楽しみ。







































































関連記事

テーマ : GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 12(終)「伊丹なら」へのコメントです

自衛隊側は炎龍討伐を拒否。 ロケーションが悪すぎる。 国境をまたいだその先にあるので、 一国と争う事態に発展する恐れがある。 だから仕方の無いこと。 頭が固いとかそんなレベルではないね汗 そこで浮上した伊丹さん! 『彼ならなんとかしてくれる。』 『彼ならもしかしたら・・・』 あれ? いつの間にか何でも屋みたいになってんぞw ピニャ様にも評価され、...

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第12話(終) 『伊丹なら』 伊丹なら...伊丹なら...ってどこの仙道だ。

開始BGMが「ゴジラ」っぽい。というか今回で最終回?まだ依頼も受けてないのに。これからダークエルフの頼み聞いて自衛隊出動して炎龍倒してめでたしめでたし。…尺が足りなくないか。最後の最後で大チョンボ。「棺姫のチャイカ」の悪夢が頭をよぎります。 並々ならぬ悲壮な決意。炎龍の襲撃で村は崩壊、親友と婚約者も失ったダークエルフ・ヤオ。村の宝を携えて、いざとなれば自分の体も差し出してでも助...

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第12話 伊丹なら

薔薇騎士団が特殊芸術にハマりすぎぃいい!

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第12話「伊丹なら」感想

自衛隊へ炎龍退治を依頼するためにアルヌスを訪れたヤオ。 しかし、言語が通じずに依頼ができない。 困ったヤオはなんとかして自衛隊と会話をできないか腐心するが、そんな矢先にかつあげの容疑をかけられて拘束されてしまう。 レレイの通訳により誤解は解け、自らの依頼を伝える事ができたヤオ。 だが、自衛隊からは他国との関係を理由に、越境しての炎龍退治を断られてしまう。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる