ブログパーツ

がっこうぐらし! ♯11「きずあと」 感想





突然の豪雨を避けるように《かれら》が殺到すると同時に、停電で真っ暗になってしまった校舎。
学園生活部が拠点にしていた3階にも、ついに《かれら》の群れが押し寄せ始める。
《かれら》に噛まれ、意識を失ったくるみを前に、りーさんは来るべきときを覚悟する。
一方、地下の避難区画に薬を取りにいこうとしたみーくんだったが、太郎丸が《かれら》と化してしまった事実にそれまで張りつめていた気持ちが折れ、思わず座り込んでしまう。
ゆきはそんな彼女を引きずるようにして、なんとか部室へと逃げ込むのだが……。

脚本:深見真 絵コンテ:外山草 演出:江副仁美 総作監:飯野まこと黒澤桂子



絶望的だった前回の引きに続き、チョーカーの子が出てきて破滅に向かい突き進む運命。
怯えるみーくんを励ますゆきちゃんの頼もしさよ、と思ったら発電施設がぶっ壊れてやはり破滅にry

みーくん(私が守護らないと)
みーくん奮戦は燃える反面、不安が増大。

めぐねえ、車を駄目にされた事を許さなかったから噛んだのか……

「私、行かなきゃ」
時は止まるはずもなく~♪
現実を突きつけられるのを見るのは辛かったけど現実を直視しての覚醒はテンション上がるな。

ゆきの笑顔は皆に元気をくれる。
???「辛い時にこそ笑え」
???「笑顔です」
???「皆に笑顔を……」
曖昧な状態で常に明るかったのは笑顔を頑張るとめぐねえと約束したってのもあったんだろうか。























































関連記事

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

がっこうぐらし!  #11 「きずあと」

いよいよゾンビの群れが押し寄せて来たーーー!

アニメ感想 15/09/17(木) #がっこうぐらし! 第11話

がっこうぐらし! 第11話『きずあと』今回は・・・ついにゆきが現実を受け入れました。今まで思いっきり現実逃避してたから、気づいた時は自我が崩壊してるだろうなとか思ってた ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる