ブログパーツ

六花の勇者 第八話「凡人と天才」 感想





七人目はアドレットだと信じて疑わないハンス。アドレットは懸命の説得を試みるが、彼の言葉はハンスに届かず、ついにハンスの剣がアドレットの首を斬り裂くのだった。

脚本:浦畑達彦 コンテ:迫井政行 演出:松山正彦 作画監督:小磯沙矢香/依田正孝/坂本龍典




目つぶしで自分も柱にぶつかったり木の幹に躓くアドレットの凡人っぷりが好き。

装備を脱ぎ捨ててかかってこいよ(意味深)
ハンスならわざと外したと理解出来ると判断したアドレットはある意味信頼してるな。

7人目はハンスだったのか(棒)
味方になってくれたハンスの頼もしさは異常。アドレットを殺せば殺さないと言われて即拒否した時は本当に格好良かった。
これにはY.AOIネキもにっこり。

「どのみちろくな奴じゃねーんだ。見つけ次第殺るぞ!!」
おばちゃんから不穏な気配を感じるのはアドレットに不利益な事をしようとしてるが故の先入観だろうか。

ゴルドフは見てるだけで辛い。嫉妬を見抜かれた上にオブラートに包んでるけど期待外れだったと言われるのってきついよね。

ゲロインチャモ。
六花ローラーをしよう!
チャモの問題児っぷりはとても偽者には思えないから本物の六花なんだろうな。むしろ偽者であってくれた方が助かるレベル。
人狼は推理ゲームではなく説得ゲームだと言うが、全く話を聞かない奴はどうしたら……




































関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

六花の勇者 8話「凡人と天才」へのコメントです

これといって進展あったわけじゃないけど、 じわりじわりと面白くなっていきますな。 やっべ、ハンスが凄く頼もしい! 苦労した甲斐あってよかった。 喜んだのは、マジで束の間でしたけどねw チャモのゲロ強すぎンゴ・・・ モンスター不死身なら本体叩くしかないやん。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる