ブログパーツ

がっこうぐらし! ♯7「おてがみ」 感想




「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず……」。古典が苦手なゆきは、今日もひとりで授業の居残り。そんなゆきにみーくんは、勉強のお手伝いを申し出る。『方丈記』の一文を読みながら、古典が「昔の人から送られた手紙だ!」と気付いたゆきは、興奮を隠せなかった。そんなある日、部室を整理中に一同は、レターセットを発見。ゆきの発案で学園生活部の4人は、学校の外にいるかもしれない誰かに向けて「手紙」を書くことにするのだった。


脚本:小太刀右京 絵コンテ:許平康 演出:許平康 総作監:飯野誠



OPからめぐねえが消えてる……

???「お前達がうどんの一体何を理解したというんだ?」
???「科学の勝利だ」
同じものが見えなきゃ真の仲間にはなれないな。


ゆきが曖昧な状態から正気に戻るのがきつい。
郵便局が外にあるから躊躇してる辺りは完全に状況を把握してるよね。

緑の色鉛筆「あれ?」

アルノー鳩錦二世というネーミングが面白い。


































関連記事

テーマ : がっこうぐらし!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる