ブログパーツ

ガッチャマン クラウズ インサイト #06「engagement エンゲージメント」 感想




スマホ投票による多くの国民の支持を得て、ついに誕生したゲルサドラ首相。彼は急速に知識を吸収し、この国の現在の政治の在り方を理解していく。そうして史上初の、異星人首相による政権が動き出した。自分たちが行ってきたルールが通用せず、調子を崩され困惑する政治家たち。更にゲルサドラは異星人としての特異性を遺憾無く発揮し、これまでにはありえなかった常識はずれの政権運営を推し進め始める。




いちいち野次に反応される経験はないだろう議員はたじたじだな。

負けたのにまだ不慣れなゲルちゃんにアドバイスするすがやんは良い奴だな。むしろ首相という重圧がなくなったのも一因かもしれないが。

あの酔っ払いは1期からぶれねえな。

政治家の給料に関しては真面目にやってるなら適正だと思うけど、それは別として人数が多すぎる。

ゲルちゃんが指をくっつけてる理由が判明したけど、やっぱり受け入れがたいものがある。

マスゴミのゴミっぷりが止まらない。

ゲルサインのポーズがエメリウム光線。宇宙警備隊的にはこういうのどうなんだろう。

シティは一つシティは一つシティは一つ
皆の心が一つになる事に否定的なゆるじいの気持ちは共感出来るけど、もっと分かりやすく言ってあげればいいのに。身近な人間でも分からない事があると暗に教えようとしてるのかもしれないが。
つばさはつばさで「分かってもらえるまで頑張る」を実践出来てないな。

理詰夢的には「クラウズよりサドラの方がヤバいんだよなー……」って感じだろうか。






関連記事

テーマ : ガッチャマン クラウズ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる