ブログパーツ

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話「戦女神の騎行」 感想




「パーフェクトだ用賀二佐」
「感謝の極み」
これ、HELLSINGのアーカードの旦那とウォルターのやり取りじゃ?

一方的な蹂躙じゃなくて拮抗した戦いをしたくなる気持ちは分からんでもないけど襲われたイタリカの民衆にとっちゃいい迷惑だぜ。

絶望的な場面なのにピニャのぽかーんとした表情に笑ってしまった。

ワーグナーのワルキューレの騎行って地獄の黙示録かよ!

ロゥリィは屋根の上をどれだけ走ってたんだろう。

栗林がとんだゴリウーだった。

人道とか地球でも新しい概念だしね。異世界の人には意味不だよね。

ハミルトンさんはマジカルカナーバ並の外交官だな!

自分だけファンタジー版マリみてを楽しもうなんて……伊丹、なんて野郎だ!






















関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 『戦女神の騎行』 ロウリィがエロウリィになった!!

そしてグロウリィへ。情けや容赦はありません。  ワーグナーのCDを用意してあります!!俺が!いや俺が!いやいや俺が!!我も我もと出撃を志願する自衛隊。そんな中ヘリ部隊に白羽の矢。完全に地獄の黙示録のパロディ。というか名場面再現したくてウズウズしている模様です。 現場では騎士ノーマが討ち死に。この人原作でどうなったか分からなかったけど、死んでたんだ。恐らく薔薇騎士団初の戦死者。名のあ...

キルゴア中佐の霊が自衛隊に!? GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話「戦女神の騎行」感想

イタリカの街を盗賊から守る事となった伊丹たち第三偵察隊。 しかし、盗賊達の襲撃を受けているにもかかわらず、ピニャからの応援要請は来ない。 業を煮やしたロウリィの暴走もあり、伊丹たちは仕方なく独断で襲撃を受けている東門へと急行。 門を破り、市街へと雪崩れ込む盗賊たちを次々に撃退していく。 一方、伊丹の応援を受けた第4戦闘団もイタリカへと到着。 門の外に...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる