ブログパーツ

ガッチャマン クラウズ インサイト #03「launch ローンチ」 感想

上京したつばさとゲルサドラを待っていたのは、人気情報番組『ミリオネ屋』へのゲスト出演であった。二人は息の合った掛け合いで仲の良さを見せ、その場を包んだ和やかな雰囲気にゲルサドラも笑みを浮かべる。立川CAGEで残りのGメンバーへの挨拶も終え、いよいよガッチャマンとしての活動を開始することとなったつばさ。しかしその頃、渋谷駅前では『VAPE』を率いる男、鈴木理詰夢が不穏な動きを見せていた。



宇宙人ジョークはちょっと……うん……

ヒーローが皆の前に出る事で勇気づけられる人もいるってタイバニを思い出すね。

リーダーでちょろるパイパイは本当にもう……
うつつちゃんも後輩が出来て嬉しそう。そして清音はすげーちゃらい。

田舎の純情娘が都会に汚されるストーリーは俺も見たい。
うーさーとウルトラマンゼロの宮野真守が演じる宇宙人コラボがあったけど、そこにベルク・カッツェを加えるとカオスになりそう。

革新の過程で犠牲が出るのは仕方ないと割り切れればいいんだけど、それが出来ないのが理想主義者と評されるゆえんか。
でも敵である理詰夢も信じられる強さは称えられるべき。それが必ずしも報われる訳じゃないけど。

2:6:2って働きアリの法則だっけ。

「苦しんでる人を助けられないで何がヒーローだぁぁぁ!」
命を捨ててでも譲れない想いがあるのに行くのかと聞かれて迷わず行くと答えられるつばさはまさにヒーローという感じだったけど、累の覚悟を無駄にしてしまったな。累も累で無茶しすぎだが。こう言っちゃなんだけど、味方であるつばささえ信じさせる事が出来なかった時点で無謀だった。

皆が望んでるからヒーローをやる事にしたゲルサドラだけど、この多数決思考が終盤で暴走しそう。
あと、一部の人間だけがヒーローをやるってのは1期の累が拒絶した事だな。




関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる