ブログパーツ

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第14話「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ part2」 感想

シルバーカラスことカギ・タナカは、偶然助けた女子高生ニンジャ、ヤモト・コキにカラテを教え始める。
だが彼の元に新たに届けられたミッションは、今まさに己の家にかくまっている賞金首の女ニンジャ、
すなわちヤモトの発見と抹殺であった。
それを知りながらもヤモトをドージョーで鍛え続け、イアイドーを授けるカギ。
そして、穏やかな時間は無情にも過ぎ行く。
ついにヤモトの痕跡を追い、ソウカイヤからふたりの手練、「ソードダンサー」と「サードアイ」が送りこまれたのだ。
ナムアミダブツ! ヤモト・コキの運命は!? 消え行くカラスが最後に歌う歌とは!?
カギ・タナカはヤモトに何を伝え、何を残そうとしたのか!?


天狗の国に連れて行かれるんじゃないかとヒヤヒヤしてたけどちゃんと続きで安堵。

「そこでドン」
しんみりした描写からのこの表情である。

岸田メル=サンソードダンサー=サンは裏切ったシルバーカラス=サンへの反応やハイクといい中々好きなキャラ。格好は色物だけど。

ああ……なんて卑しいニンジャなんだ。

「ドーモ。初めまして。ヤモト・コキです」
このアイサツから「なぜ泣く。バカめ」
「なあ、やめろ、せっかくの、最後の、なんだ」
「できないよ」「できねえか」「できないよ」「そうか」「虫の良すぎる話だったな。お前まだ子供だってのに」
もう涙腺崩壊だよ。

未成年の喫煙シーンはやれなかったのかもしれないけど少し静かな海少し明るい海を吸って咳き込むヤモト=サンを見たかった。

EDはまさかの赤い公園か。本気だな。











関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる