ブログパーツ

乱歩奇譚 Game of Laplace #2「人間椅子(後編)」 感想

あらすじ
釈放されたコバヤシ少年でしたが、学校では彼を見る目に変化が起きていました。誰もがコバヤシ少年を疑っているのです。ですがただ一人、友人のハシバ君だけはコバヤシ少年を信じて庇ってくれます。彼はハシバ財閥の御曹司で生徒会長でクラス委員という、素晴らしい少年です。
ハシバ君は真犯人を見付けるため、コバヤシ少年に協力します。ですが、謎の多く性格が陰険なアケチ探偵のことはよく思っていないようです。
そして三人はついに、真犯人を追い詰めます。果たして、犯人の目的はなんだったのでしょうか? なぜ人間を椅子になどしたのでしょうか? 
今、おぞましい真実が語られるのです。
スタッフ
脚本:上江洲誠 絵コンテ:山本天志 演出:木野目優 作画監督:鎌田祐輔/樋口博美


テレビのコメンテーター、三島由紀夫とアグネスは分かったけど馬越隆史の元ネタが分からん。

いや本当、給料そのままで増税は勘弁してほしい。

3分間ショッキング、BGMアウトー!
本当に再来週再登場しそう。

殺される方も殺す方も異常だぜ。殺して永遠にして唯一にするのが究極の愛というのはたまに創作であるよね。
ってか先生は恋多すぎじゃね?

先生を惑わすコバヤシ少年は魔性の男すぎる。

曽我イス的なあれにビビって飛び降りるハナビシ先生はリスカ痕があるくせに一番まともな可能性が。ハシバはホモだし。

カガミの妹がすげー死にそう。





関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる