ブログパーツ

オーバーロード 第1話「終わりと始まり」 感想

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。

現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使いとなる!
世界を掌中におさめる死の支配者、ここに光臨!!


広大な世界と高い自由度を誇るDMMO-RPG《ユグドラシル》。一時は爆発的な人気を博すが次第に低迷し、ついにサービス終了が決定した。そして最終日、ギルド《アインズ・ウール・ゴウン》の長・モモンガは、本拠地のナザリック地下大墳墓で仲間の訪れを待ちわびていた。しかし、すでにほとんどのギルドメンバーは引退し、久しぶりにログインしてきた仲間もすぐに帰ってしまう。モモンガは1人で最後の時を迎えるのだが……。


脚本:菅原雪絵 絵コンテ:伊藤尚往 演出:若林邦甫 作画監督:吉松孝博




原作知識に関してはArcadiaや小説家になろうで途中まで読んだというかなり微妙な状態。しかも結構前なんで殆ど初見と同じかな。
まあ、実況ではアバンで「こっちが主人公かよ!?」と驚く初見組をニヤニヤしながら眺めさせてもらったが。

実況といえばシロエと間違えてる人がいたけど声的にはアイザックさんだよね。リキャストタイムと言った時は自分もシロエっぽいと思ったけど。

ヘロヘロを引き留められなかったアインズさんが切ない。親しいからこそ踏み込めない時ってあるよね。
残った二次創作だとすげー生き生きしてたな。

アルベドの本当にビッチ設定消えたんだろうか。ビッチの言葉の定義は人それぞれだけど淫乱なのは間違いない。

アインズさんはギルド愛がカンストどころか限界突破してるから、皆で作ったアイテムを自慢したいんだろうな。それ抜きでもアイテムの説明したくなる気持ちは分かる。




スタッフ
原作:丸山くがね(「オーバーロード」/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:so-bin
監督:伊藤尚往
シリーズ構成・脚本:菅原雪絵(ライトワークス)
キャラクターデザイン・総作画監督:吉松孝博
サブキャラクターデザイン・モンスターデザイン・プロップデザイン:出雲重機、前原桃子
美術監督:池田繁美、丸山由紀子(アトリエ・ムサ)
美術設定:池田繁美、大久保修一、友野加世子(アトリエ・ムサ)
色彩設計:野口幸恵
3D監督:籔田修平
撮影監督:川下裕樹
編集:木村佳史子
音響監督:郷文裕貴
音響制作:grooove
音楽:片山修志(Team-MAX)
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:マッドハウス
製作:オーバーロード製作委員会

キャスト
モモンガ/アインズ:日野聡
アルベド:原由実
シャルティア・ブラッドフォールン:上坂すみれ
アウラ・ベラ・フィオーラ:加藤英美里
マーレ・ベロ・フィオーレ:内山夕実
デミウルゴス:加藤将之
コキュートス:三宅健太
セバス・チャン:千葉繁
ナーベラル・ガンマ:沼倉愛美
ユリ・アルファ:五十嵐裕美
ガゼフ:白熊寛嗣
ニグン:子安武人
エンリ:M・A・O











関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オーバーロード 第1話「終わりと始まり」感想

MMORPG「ユグドラシル」の終了日。 自らが心血を注いできたゲームの終わりを一人で名残惜しむプレイヤー「モモンガ」。 ギルドメンバー達は姿を見せず閑散とする本拠地「ナザリック大墳墓」でゲームの終了時刻を迎えるが、終了時刻を過ぎてもゲーム世界は途切れることはなかった。 それどころか、NPCが意思を持ち、規定外の行動をとる様になってしまう。 異変に気付い...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる