ブログパーツ

六花の勇者 第一話「地上最強の男」 感想

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。
地上最強を自称するアドレットは、その六人『六花の勇者』に選ばれ、
魔神復活を阻止するため、戦いの地へ向かう。
だが、約束の地に集った勇者はなぜか七人いた。
七人のうちの一人が敵であることに気付いた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。
そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットであった。
伝説に挑み、謎が謎を呼ぶ圧倒的ファンタジー&アドベンチャーが遂に始動する!!


大陸最大の国ピエナでは年に一度の神前舞踏会が開催されていた。
その準決勝、勝利した者に前回の優勝者であるナッシェタニア姫と戦う権利が与えられるという大事な試合に乱入するという、破天荒な少年が現れる。

彼の名はアドレット・マイア。

「地上最強の男」を自称するアドレットは王宮内の牢獄に捕らえられ、
そこでメイド姿の少女と出会う。




最初タイトルを見た時はりっかだと思ってました。
つまり共有者が二人に人狼一匹の7人村か。確定勝利だな。

マヤやインカ、アステカ風の世界観は新鮮だぜ。
アドレットが乱入した時は俺TUEEEEEEで二人でかませだと思ったけど普通に強かった。

暗器に煙幕、仕込み火器にまきびし。奇策で戦う主人公は割と好き。
正々堂々が尊ばれる舞踏会じゃ非難されるだろうけど、様々な道具を使いこなせるのは評価して良いと思う。
魔神相手にどこまで通用するのか分からないけど。

自分が地上最強だと疑ってないアドレットはちょっとお馬鹿っぽいけど、どっかの馬鹿も根拠のある無敵なんて無敵じゃねえと言ってたし、大業をなそうと言うならそれくらい自分に自信がないとね。

ナッシェタニアはデザインがウサギっぽい。




原作「六花の勇者」
(集英社/「ダッシュエックス文庫」刊)

著者:山形石雄/イラスト:宮城



スタッフ
監督 : 高橋丈夫
(「狼と香辛料」「まおゆう魔王勇者」)

構成・脚本 : 浦畑達彦
(「僕は友達が少ない」「境界線上のホライゾン」)

キャラクターデザイン・総作画監督 : 小磯沙矢香
助監督 : さんぺい聖
プロップデザイン : 岩永悦宜
モンスターデザイン : 福島達也
色彩設定 : 佐野ひとみ
美術設定 : 加藤浩
美術監督 : 栫ヒロツグ
撮影監督 : 井上洋志
音楽 : 大島ミチル
音響監督 : 岩浪美和
制作スタジオ : パッショーネ

オープニングテーマ「Cry for the Truth」
作詞 - RUCCA / 作曲 - 藤田淳平(Elements Garden) / 編曲 - 岩橋星実(Elements Garden) / 歌 - MICHI
エンディングテーマ「Secret Sky」
作詞 - RUCCA / 作曲・編曲 - 藤間仁(Elements Garden) / 歌 - MICHI

キャスト
アドレット : 斉藤壮馬
ナッシェタニア : 日笠陽子
フレミー : 悠木 碧
ハンス : 鈴村健一
モーラ : 佐藤利奈
チャモ : 加隈亜衣
ゴルドフ : 内山昂輝







関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる