ブログパーツ

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 01「奇跡の殺戮者」 感想

勃発ヴァーサス――魔法少女事変アルケミックカルト




かつて――融合症例と呼ばれた少女は、
世界終焉の真際に奇跡を掴み、
ガングニールのシンフォギアと適合を果たす。

地球霊長存続の名目で執行されようとしていた人類淘汰――
「フロンティア事変」と称される一連の騒乱は、
歌に血を通わせた少女たちの活躍によって終止符が打たれたが、
新たな物語は、それから程なくして幕を開けるのであった。

亜宇宙を弧を描いて引き裂く超音速の落下物体。
それは、ラグランジュ点での大気圏外活動を終え、
地球に帰還しようとしていた国連所属のスペースシャトルであった。

システムトラブルから機能不全と陥り、
このままでは機体の空中分解、
あるいは地表ヘの激突は免れないという緊急事態に、
息を飲むばかりの各国指導者たち。

遡る事、二度に渡り、
世界を未曽有の危機より救ってきたシンフォギア装者たちも、
その力を日本政府保有の軍備とみなされる以上、
たとえ人道的救護支援であっても国外での活動はかなわず、
待機を余儀なくされるのであった。

それから経過する100日余り。

フロンティア事変以降、
認定特異災害「ノイズ」の観測は一例としてなく、
事の顛末を知る誰もがノイズの根絶と被害の終息を予感していた頃。

本部にてモニターへと向かっていた藤尭 朔也と友里 あおいは、
ノイズとは異なる、だが近似した反応波形を確認する。

場所は、横浜港大さん橋ふ頭付近。

そこには、小さな匣をかかえ、
逃げるように駆ける黒衣――<廃棄物11号エルフナイン>の姿が見られた。

世界を壊す、歌がある。

今はまだ、やがて訪れるその脅威に気づく者はなく、
夏の夜空に、ただ赤き粉塵が舞い踊るのみであった。




燃え尽きそうな空に歌は響き、
明日を輝かす種火となる。

拳も命も鎧い支えるは、
胸に揺れる小さな奇跡。

だが、逆巻く炎に涙する瞳は、
そうと知ってなお対峙する。


キャロル見参 EPISODE 01 奇跡の殺戮者

鎮魂の夜を急ぐ血塗られた魔縁と、
かけてもつれた抒情詩。

耳をすませば遠からず、
世界を壊す――歌がある。




特異災害対策機動部二課は日本政府から国連へと出向し、
超常災害対策機動部タスクフォースS.O.N.G.として再編成される事となった。

再観測が懸念されていた認定特異災害を含む、
通常の対応力ではあたることすら難しい超常脅威への措置であったが、
制御できなくなったシャトルの救助以降は、
主に大規模な災害や事故を収束させるための機関として機能するにとどまっていた。

だがある日、検知される謎の反応波形。
赤き粒子が舞う月下にて人形は、黒衣に身を包んだ小さな人影を睥睨する。

それは、新たな戦いの幕開けであった。

突如立ち上った火柱は、たちまち炎の海と化し、周辺を舐め尽くしていく。
火災救助の応援要請を受けた立花 響は、
奇跡のカタチ、シンフォギアを身に纏って駆け抜けていくのだが……

向かう先にて、業火に涙するキャロルとの邂逅があることを知る由も無かった。



「 ――オレが奇跡を殺すと言っているッッ!!」





「へいきへっちゃら」の安心感よ。金子作品におけるミサイルは乗り物。

調も切歌も本来は優先順位を決める頭はありそうだけど、それだけマムを慕ってたんだな。
にしても帰還時のシステムトラブルというのは偶然なんだろうか。

ビッキーのスクラップフィストしゅごい……
世界3位に転落したK2。これはこれで観光資源になりそう。
この辺は用語集で補足されそうだな。

パイロットもちゃんと仕事してるのが良かった。生きるのを諦めなかったね。

シンフォギアを纏える奇跡が嬉しいと言ってるビッキーだが、タイトルのシルエットが不穏なんですが。融合症例並の厄ネタが来そうな予感。

貴様は甚だしい勘違いをしている。エルフはドイツ語でナインは英語だ!
というネタを思いついたが、もしかするとナインはNineじゃなくてneinかもしれない。

追記
つーか廃棄物11号なんだからneinの方に決まってるじゃん……

ドヴェルグダインー!(クロコダインのノリ)
遺産ってダーインスレイヴ?
いやぁ、ホグニとヘジンの話におけるフレイヤとオーディンのクソっぷり一周して笑えてくる。
これもカストディアン関係だったりするのかな。

調と切歌にかこつけてビッキーの二の腕をぷにっとする未来さんは流石。

三者面談の話が出た時は「ぐあああ!」となった。ビッキーの家庭事情は重すぎるからな。
咄嗟にフォローする未来さんの嫁力が光るぜ。

わお!自分で言ってて驚きのアイデアだね!ビッキー的にポイント高い。

全世界に全裸を公開宣戦布告したのによく復帰出来たなたやマ。あれ以降は目立った活動はしてなかったけどさ。

スカートで銃弾を反転させるのって映像的に超格好良い。
人を相手にやりすぎと言いつつ、マリアも的確に延髄蹴りをぶち込んでたよね。

自動人形と聞くとザインフラウとかベル・デ・マリオネッタとかルビを振りたくなる。
オートスコアラー……総譜を読む者?

レイアとファラの武器はそれぞれ硬貨と剣だが小アルカナのスートがモチーフなのかな。ミカが杖らしいし。でもガリィは鏡らしいんだよな。まあ、聖杯を武器に使うのは難しいが。

キャロルは「何するものぞッ! シンフォギアアアァァーーッッ!!」から戦場を「いくさば」と読む系女子だと思ってたけど、むしろマリアみたいに無理してる系かな。
しかしまあ、魔女狩りが復活してるっぽい欧州はどうなってんだよ。確かEU連合が経済破綻した結果日本にデュランダルが渡ったらしいが。ギリシャがやらかしたのかな。
それはそうと暗黒大陸と聞くとガイロス帝国が思い浮かぶ今日この頃。



原作:上松 範康 / 金子 彰史
監督:小野 勝巳
シリーズ構成 / 脚本:金子 彰史
キャラクター原案:吉井 ダン
キャラクターデザイン/総作画監督:藤本 さとる
総作画監督:椛島 洋介
アクションディレクター:光田 史亮
メインアニメーター:式地 幸喜
メカニックデザイン:大河 広行 / 川原 智弘
プロップデザイン:吉川 美貴
フューチャービジュアル:ンゴ・ロング
美術設定監修:ロマン・トマ
美術監督:市倉 敬
色彩設計:篠原 愛子
CGチーフデザイナー:畑山 勇太
撮影監督:志村 豪
2Dワークス:影山 慈郎
特殊効果:飯田 彩佳
編集:定松 剛
音響監督:本山 哲
音楽プロデューサー:上松 範康
音楽:Elements Garden
アニメーション制作:サテライト
製作:Project シンフォギアGX

オープニング「Exterminate」
作詞・歌 - 水樹奈々 / 作曲 - 上松範康 / 編曲 - 藤間仁
エンディング「Rebirth-day」
歌 - 高垣彩陽

立花 響:悠木 碧
風鳴 翼:水樹 奈々
雪音 クリス:高垣 彩陽
マリア・カデンツァヴナ・イヴ:日笠 陽子
月読 調:南條 愛乃
暁 切歌:茅野 愛衣
キャロル・マールス・ディーンハイム:水瀬 いのり
エルフナイン:久野 美咲
小日向 未来:井口 裕香
風鳴 弦十郎:石川 英郎
緒川 慎次:保志 総一朗
藤尭 朔也:赤羽根 健治
友里 あおい:瀬戸 麻沙美
安藤 創世:小松 未可子
寺島 詩織:東山 奈央
板場 弓美:赤﨑 千夏
レイア・ダラーヒム:石上 静香
ガリィ・トゥーマーン:村瀬 迪与
ミカ・ジャウカーン:井澤 詩織
ファラ・スユーフ:田澤 茉純



小野さんは監督続行か。遊戯王ARC-Vは大丈夫だろうか。
2期ではビッキーがジャンク・ウォリアーになってたけど、GXではSAKIMORIがライズ・ファルコンになったりクリスちゃんがブレイズ・ファルコンやレヴォリューション・ファルコンになったりするかもしれない。
いや、むしろ奏のユート化を危惧するべきか?歌でみんなに笑顔を……

風鳴る刃、輪を結び、火翼を以て斬り荒ぶ。月よ、煌めけ!
なんかこの後にシンクロ召喚!とかエクシーズ召喚!とか付けても違和感ない。








関連記事

テーマ : 戦姫絶唱シンフォギア
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦姫絶唱シンフォギアGX(第3期) 1話【新】「奇跡の殺戮者」へのコメントです

まだやる事あんの?なんて思ってましたが、いらぬ心配でした。 新章といっても差し支えないくらい新要素を入れてきたものです。 錬金術師とホムンクルス、野望は世界の破壊とな! 大いにね、期待させて頂きましょうか、ビッキーも覚醒しそうだしw

アニメ感想 戦姫絶唱シンフォギアGX 第1話「奇跡の殺戮者」

奏者達は三度歌を歌う

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる