ブログパーツ

シドニアの騎士 第九惑星戦役 第10話「進入」 感想

惑星ナインで奇居子(ガウナ)に遭遇したイザナたち偵察部隊。奇居子の反応が瞬く間に増えていき、イザナたちは次々と撃墜されてしまう。一方、偵察部隊からの通信が途絶えた司令部では、小林艦長が奇居子殲滅のための作戦立案を指示。すぐにでもイザナを救出したい長道とつむぎは、出撃許可を強く求めるが……。混乱する状況の中、イザナを失うことでつむぎが暴走すると考えた岐神が小林艦長にある提案をする。


偵察隊を見殺しにして奇居子の殲滅を優先するのは正しい選択だろうけどやりきれないものがある。

落合は合理的な判断をしてるだけで長道を助ける気なんか微塵もないだろうけど結果的に長道を助けてる構図が面白い。

佐々木さんに殴られて「えてててて」と笑うモブ整備士も良い味を出してる。
自分が整備に携わっただろう継衛改ニで救助が出来るのが嬉しいのだろう。
……単純にドМだったら俺の感動は台無しだけど。

人工カビや燃料である高密度のヘイグス粒子を捨てれば奇居子に狙われないって重要な情報な気がする。まあ、逃げる状況=武装はないけど機体は無事って奇居子との戦いじゃレアかもだけど。

あの速度で衝突しても大丈夫な新型素材って凄い。改めてそう思った。
そりゃ整備士もドヤ顔する(顔は見えなかったけど)

紅天蛾再登場。超々距離狙撃したり浮島を盾にしたり油断出来ない敵だ。
つむぎとは親子対決?なのかな。それとも伯母姪?

2期はリターンマッチで〆かな。





関連記事

テーマ : シドニアの騎士
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シドニアの騎士 第九惑星戦役 10話「進入」

評価 ★★★★ 櫻井孝宏さん、誕生日おめでとうございました!                

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる