ブログパーツ

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #22「冬の日、遠い家路」 感想

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

-----------------------------------------------------------------------------------



















ギルガメッシュが語った、聖杯戦争の真の目的を知った士郎たちは、今回の祭壇である柳洞寺での戦いに向けて策を練る。ギルガメッシュの宝具がセイバーとは相性が良くないと話す士郎に対し、凛が導き出した対抗手段とは――

STAFF
脚本:佐藤和治、絵コンテ:野中卓也、演出:野中卓也、作画監督:辻 雅俊・茂木貴之



優れた兵士でも戦争には勝てない。
項羽や張遼が浮かんだが、あいつらも配下付きだしな。青兄貴は一人でも無双してたけど。

凛ちゃんさんのトッキー由来のぐるぐる回転。笑うわこんなの。

家族写真
※ただし桜はいない。
ネタバレ回避の為致し方なし。

天敵だと気付いてなかったのにギルと対峙する気だった士郎。相変わらずだけど、まあ、他に選択肢ないしね。

魔術刻印の移植。魚っぽいあれって精子の暗喩じゃ?

「えへへ。キス、しちゃった」はカットか。セッションはまだしもこれはやれそうだっただけに残念。

高跳びするだけで女を三人落とす士郎。流石はエロゲ主人公。

もちろん性交したわよ

>桜井光‏@h_sakura
>パラケルススさん「おや、良い剣を使っていますね」
パラケルススとかいうド外道はどんな末路を遂げるやら。

道場や土蔵を見て回るセイバーの笑顔は美しくも儚い。

セイバーとは無関係の見知らぬ少女の夢が終わった、か……
「貴方たちは私が守る。ですから必ず、二人でこの家に戻ってください」という台詞もあるし、王としての責務を果たしに戻るつもりなんだろうな。
現代で幸せを謳歌しても良いんじゃね?と思うが、そういうクソ真面目な人間じゃなきゃ破滅を予言されながらもカリバーンを引き抜いたりしないか。

ワカメの聖杯がGrand Orderのあれっぽい。
一つの空に二つの太陽はいらないんだ……

CMなし。経験値先生……
この先は地獄だぜ。






関連記事

テーマ : Fate/stay night
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/stay night UBW 2ndシーズン 22「冬の日、遠い家路」 コメント感想

当然ながらエロシーンはなし! むしろ必要かってくらいだけど、凛の照れる姿は貴重だ。 ワカメを都合上(聖杯完成阻止の為)助けに行くわけですね、、、 なんでやつがヒロインみたいになっとんねん! まあ、成行き上、仕方のないことかw

【アニメ】Fate/stay night [Unlimited Blade Works]  第22話「冬の日、遠い家路」感想

理想と信念を賭けた戦いもついに決着しましたが、金ピカマンの暴威と増えるワカメが全ての余韻を掻っ攫っていった前回。 そして、今回は最終決戦前の回となりますが・・・。 ついに待望のシーンが来ちゃったんですよーーーーーー!! 我が脳内でセイバーちゃんのドレスと並び称される程のシーンとは一体!? ということで、第22話の感想になります。 ※ 重要 「定期更新...

「Fate/stay night UBW」22話のufotable演出の神髄

「Fate/stay night UBW」22話では、ufoableの演出の神髄が見えた。 それは士郎、凛、セイバーの3人が、 士郎の家でギルガメッシュと戦う作戦を考えるシーン。 凛が士郎との会話で、 ギルガメッシュの武器に対抗できるのは 近い能力を持つ士郎であることに気づき、 士郎の居間のテーブルを回りだす。 ここでFate/Zeroからのお馴染みの回転す...

Fate/stay night UBW 2nd 10話「冬の日、遠い家路」

評価 ★★★ 俺自身が遠坂になる事だ!         

Fate/stay night 第22話 『冬の日、遠い家路』 上だけでいいのか!?

その昔、Fateの原作であるゲームをやった時のこと。セイバールートを最初にやって次に凛ルートをやりました。お陰で前者の方は多少覚えているのですが、後者は殆んど覚えていない。しかしよく覚えていることがある。そのシーンが遂にやって来る。 なんで赤くなってるの。聖杯戦争も最終局面。自宅でアーチャー及び聖杯対策を練る士郎、凛、セイバー。セイバーじゃあいつには叶わない!士郎が失言をポロリ、ムッとするセ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる