ブログパーツ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界(ザ・ワールド) その1」 感想

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

-----------------------------------------------------------------------------------

























ついにDIOとの対面を果たしたポルナレフ。敵意をむき出しにするポルナレフに対し、DIOは「再び仲間になることを許す」と声をかける。誘いを拒絶するポルナレフだったが、謎の現象によって近付くことすらできない。せめてスタンドの正体を見極めようと「銀の戦車(シルバーチャリオッツ)」で攻撃をしかける。そしてDIOのスタンド「世界(ザ・ワールド)」と激突しようとしたその瞬間、背後の壁が崩れ落ちる。中から現れたのは…!!






階段で時間操作系の敵と遭遇する事に縁のあるポルナレフ。

よく、DIOは時間を止めている間にポルナレフに近付いて移動させてまた元の場所に戻ったんじゃね?と言われるが、ザ・ワールドは射程が10mあるから動かなくても問題ないよね。

DIOの安心論は結構納得出来る。6部の天国ともまあ繋がってるよね。
この流れからのジョセフの「安心するんじゃ……ポルナレフ」は本当に格好良い。

「やつを追う前に言っておくッ!おれは今やつのスタンドをほんのちょっぴりだが体験した。い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!『おれは奴の前で階段を登っていたと思ったらいつのまにか降りていた』な…何を言ってるのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」
2chのパクリかよ。
スタープラチナが時を止める原理は超スピードなんだよな。
上は迷言と化してるけど白と黒の方はガチ名言だと思う。仗助も承太郎と一緒にいると気高い気持ちになると言ってたな。

棺桶から漏れる瘴気が触手的なものに見える。
命乞いのたとえに小便を使われたら思わず殺してしまうよね。

雪山でのカーズとの初戦の後、シーザーに助けられた後でケツの穴に氷柱を突っ込まれたんじゃないかともっぱらの噂。

原作だと「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」はもっとハイテンションだったよね。
承太郎のポルナレフに対するツンデレっぷりはほっこりする。

自動車の事をパワーとスピードで評価するDIO様はスタンド脳。
ウィルソン・フィリップス上院議員の声優はチョーさんか。酷い目に遭ってるのに妙な懐かしさを感じてしまう。
ドライビングテクニックすげえな。

「歩道が広いではないか…行け」
ウォーリーは規制が入るか。
事故がちょくちょく起きてるから歩道で轢くのは無理だったか。







関連記事

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編 第45話 『DIOの世界 その1』 ありのままキター!上院議員キターーー!そして花京院のザ・ワールド暴きが...来る!!

ネット上で最も有名なジョジョ台詞のツートップ。ジョジョを知らなくてもネットで聞いたことあるという名台詞。一つは「そこにシビれるアコがれるゥ」だと思います。そして今一つが今回の「あ、ありのまま…」でしょう。通称「ポルナレフ状態」です。 予告で分かっていましたがポルナレフ役の小松史法がこの台詞を完全再現。今回これだけで満足だったのですが、名台詞と名キャラのオンパレードにお腹いっぱい...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる