ブログパーツ

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;09「インターミドル・チャンピオンシップ」 感想

ついに始まった、インターミドル・チャンピオンシップの予選大会。初戦は全体会の上位入賞者がぶつかるプライムマッチ。ハリーとエルスの大激戦によって幕が上がった。そしてヴィヴィオ達も、無事に予選1回戦を突破する。


脚本:小林成朗
コンテ:渡辺 了
演出:安藤貴史
作画監督:篁馨、青野厚司、窪敏




中津真莉は咲の中津真莉ちゃんに続いて関西弁キャラか。

新キャラのエルス・タスミン(CV新井里美)
次回予告の「ジャッジメントする筈が……」は完全に禁書の黒子。
名前の由来はTVR・タスミンかな。

ハリーが特攻服の背中に書いてた一撃必倒、スバルもディバインバスターを使う時に叫んでたな。

彼女達の試合を見てるとなのは達の化物っぷりがよく分かる。

設定説明に役立つシャンテの無知っぷり。

撫でるだけで落とせる。ナデポかな?

デバイスの変形はテンション上がるな。
ミウラの抜剣って足刀みたいなニュアンスだったのか。あるいは山羊座の聖剣(エクスカリバー)

ミカヤは天瞳流と出会って12年らしいけどミウラの師匠にはその十倍以上の戦歴を誇るだろうシグナムがいるからなぁ。ザフィーラやヴィータも歴戦の勇士だしね。こう、梁山泊で鍛えられたケンイチ的な立ち位置だよな、ミウラ。

自分にはなんの取り柄もないと卑屈になっていた時の運命の出会いってなのはと似た境遇だね。ブレイカーだし、作者は意図してやったんだろう。

なんか既視感があったけど今気付いた。「やる夫は翠星石を弟子にしたようです」のクインズベル魔法大会だ。
長くて一部では不評だったらしいが、自分は色んなキャラのバトルが見られて楽しかったな。








関連記事

テーマ : 魔法少女リリカルなのはViVid
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一矢報いる―【アニメ 魔法少女リリカルなのはViVid #9】

アニメ 魔法少女リリカルなのはViVid 第9話 インターミドル・チャンピオンシップ 一矢、一蹴 報いるだけでは 終われない―

アニメ感想 15/05/30(土) #ハイスクールD×D BorN 第9話、#魔法少女リリカルなのはViVid 第9話、#プラスティック・メモリーズ 第9話

ハイスクールD×D BorN 第9話『ドラゴン・オブ・ドラゴン』今回は・・・アーシアが・・・アーシアがいなくなって、一誠の様子がおかしいです。そりゃそうだよな。アーシアのいない世 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる