ブログパーツ

血界戦線 #08「Zの一番長い日 前編」 感想

ブラックとともに博物館を訪れたレオ。そこでレオはブラックから、3年前の紐育(ニューヨーク)大崩落時に張られた結界の話や、それに関わった“術師”に関する話を教わる。ホワイトとブラックの家も、“術師”の血筋であるらしい。
そんな折、インドで血脈門が解放され、血界の眷属(ブラッドブリード)が出現した。何者かと揉み合いながら、彼らが向かった先は、町はずれのパーキッソスビル。半身欠損状態に追い込まれてはいるものの、かなり上位の力を持つと思われる吸血鬼の出現に色めき立つライブラのメンバーたち。先行したスターフェイズとK・Kは、そこで世にも奇妙な光景を目撃する。
睨み合うローブの怪人とトレンチコートの男。片方は血界の眷属(ブラッドブリード)に違いない。しかしもう片方は……?と戸惑うスターフェイズとK・K。そこへ駆けつけたザップは、血界の眷族(ブラッドブリード)ともみ合う相手の姿を見るなり悲鳴を上げる。その正体は、なんとザップの師匠である「斗流血法(ひきつぼしりゅうけっぽう)」の創始者、裸獣汁外衛賤厳(らじゅうじゅうげえしずよし)だった。



前回、借金をチャラにする為に上司を売った挙句疲労困憊の状態を狙って不意打ちを仕掛けたザップだけど、今回も僅か数分で加速度的に上昇するクズ度。
マブいとか死語すぎる。

「今日の所はアンジェリカたんのメアドと交換で許す」
ここの声が最高に気持ち悪かった。

親子を氷で助けるスティーブンが超格好良い。

「らじゅうじゅうげえしずよし」と発音されると柳生十兵衛三厳(やぎゅうじゅうべえみつよし)みたい。
杖で移動する動作と音が小気味いい。

自分の口で自分をdisられるって辛いな。大の大人がマジ泣きしてるよ。
ぶっちゃけ自業自得だけど。度し難い人間のクズ。

師匠はあれ、連れ帰って鍛え直そうとしてるだけ愛してるよね。

友人を出汁に使うチェインさんは良い性格してるぜ。
サーモグラフィーは声を出して笑った。

上半身と下半身に分かれててもあれだけ強いブラッドブリードは流石。

飛行機が突っ込んでくると聞いて野次馬に行くヘルサレムズ・ロットの住民は逞しいぜ。

あの兄妹はウィリアムとメアリが本名でレオ、ミシェーラと同じ境遇っぽい?
ホワイトとのやり取りでは自覚のない二重人格だと思ってたけど、もう一人の人格がある事自体は把握してるのか。

次回予告
ザップでいいだろとアニメ中で言われると、これはミスリードでZは別のキャラを指してる可能性もあるのかな。







関連記事

テーマ : 血界戦線
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる