ブログパーツ

シドニアの騎士 第九惑星戦役 第6話「起動」 感想

寮を出ることになり、行くあてのない長道はイザナを頼ることに。イザナの家では不思議な音がするというが、その正体はつむぎだった。あと何回くらい長道たちに会えるのかと考えたつむぎは、切なさのあまりイザナの家に飛び込んできたという。長道はそんなつむぎを励まし、彼女のためにと新たな物件探しをし始める。一方、大シュガフ船との戦いにむけて、小林艦長は着々と準備を進めていた。そして、新兵器の起動実験が始まる——。


倒れそうになるのを支えてうっかりオパーイを揉むなんて完全にラブコメ。

戦争中だし、あと何回会えるのかつむぎが不安に思うのも無理はない。それで会いに来ちゃうのも仕方ない。優しく抱き締めたい。

「谷風さん……」
2騎掌位する時の声がえらい可愛いな。弦打の疑問に律儀に答えようとした所も。

海苔夫、前回の戦闘で命の危険を感じたから海蘊に任せたとかだったりして。

配管マニアの不動産屋のお姉さん、良いね。
パンチラから目を逸らす長道は青少年っぽい所あるな。

中盤で不貞腐れてたイザナはどう見ても勝手に物事を決めた旦那に怒る妻だった。
同居人って本来は恋人とか配偶者を想定してそう。

異種生命体との対話について語るつむぎは星白の繋がりを感じさせる。
触手との同衾に緊張するとは長道は未来に生きてんな。

「この兵器に貫通出来ないものはない!」
重力子放射線射出装置は今後の戦局を大きく左右しそう。
ウルトラマンとかだとこの手の兵器って敵に乗っ取られたりするよね。

EDで
ノコギリクワガタ 弐瓶 勉
となってて不意打ちを食らった
>東亜重工 nivin@tsutomu_nihei
>ノコギリクワガタ声を演じるのはやっぱり大変でした。でもとてもやりがいのある仕事でした。

見直してもどこをやってるのか分からなかったけど、もしかして羽音?




関連記事

テーマ : シドニアの騎士
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シドニアの騎士-第9惑星戦役- 6話「起動」

・あてがないので 寮を退館しなければならなかったのを忘れてしまった長道はイザナの家へ。 イザナはおにぎりを振舞うがそこで思わぬパフニングが。長道が思わずイザナの胸を触ってしまったのだが、イザナは女性化してる様子。 ・怪しい音の正体 科戸瀬家に響く怪しい音の正体はつむぎ。寂しさのあまり、古い配管を介して長道らに会いに来た様子。 触手つむぎが布団で猫と一緒に寝てるシーンはカット ...

シドニアの騎士 第九惑星戦役 6話「起動」

評価 ★★★ ラブコメの粒子を感じる                

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる