ブログパーツ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第7話「されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。」 感想

合同クリスマスイベントをともに催す相手校の生徒会は「意識高い」生徒たち。フラッシュアイディア飛び交うブレストでシナジーを意識したグランドデザインに口々に「それ、アグリーだね!」などと言うばかり。その実、具体的なことは一切決められないまま、イベントの日は迫る。さすがの八幡も追い詰められる。一方、いろはとふたり、この難題に取り組むうちに互いに微妙な絆も生まれてきたような…?

脚本:菅 正太郎
絵コンテ:川口敬一郎
演出:直谷たかし
作画監督:近藤勇次・松本朋之


兄の幸せを願う小町マジ天使(プレゼントリストや洗剤要請から目を逸らしながら)

人類を堕落させるこたつの魔力は異常。

ヒッキーが奉仕部に行くか不安そうな顔から行くと聞いて超嬉しそうなガハマさんがすげー可愛い。
ゆきのんの話題になると沈んでしまうけど。
生徒会長になりたかったのは別に良いんだけど、それを察してほしがったのはなぁ……
後半で言ってた、「気を遣ったり無理しないでいたら壊れてしまうならそれまでのもの」というのもそうだけど、ゆきのんは友人関係に求めるハードルが高い。

「遅れちゃいましたし、急ぎましょう」
声色に疲れが混じってるな、いろはす。
そして断られてもちゃんと持ってあげるヒッキーは優しい。
年下好きと聞いて動揺するいろはすに胸キュン。

留美ちゃん再登場か。
ツリーを手伝いに行く時にちょっと小走りになってたけど、仲良くなりたい相手でもいるんだろうか。だとしたら幸いだけど。

玉縄が本当にうざい。
そして海外ドラマやお笑い番組のオーディエンス化してる折本が腹筋にくる。
いろはすに告白の事を言わなかったのは気を遣う程度には親しくなったって事かな。

病気かな?
病気じゃないよ
病気だよ(病気)
戸塚は本当に癒し。もう間違えたラブコメで良いんじゃないかな(錯乱)






関連記事

テーマ : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 #07 コメント感想

[ されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。 ] 相変わらず、雪乃と八幡の距離感がもどかしい。 おまえら気を使いすぎなんですよ! もっとオープンになってもいいでしょう! 私はそう思います。ふたりの優しさが痛い。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 #07 「されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。」

清涼剤は小町と彩加・・・「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」の第7話。 受験生小町からのクリスマスプレゼントリスト。 たしかに白物家電って・・・漠然としているけど料理できるのかな? いろはからの協力要請をひとりで対応している八幡だったがバレバレ。 それでも奉仕部へは顔を出し早めに帰ると雪乃には伝えて日々を熟す。 クリスマスパーティーに招待する小学生がやって来た...

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 ♯07

「されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。」 評価 ★★★★ あかいさーん! どうしてそんなに問題が大きくなってしまったんですかー?                 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続  #07 「されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。」

== アンハッピーエンド主義の限界 ==  どうも、管理人です。多分何かあるってわけじゃないんでしょうが、微妙に体調が思わしくないという複雑な心境だったり。これはまた、変なタイミングで寝落ちしそうな気配。 === 折本:「それあるー!!」 ===  今回の話は、一向にまとまらない会議を描いた話。前回から引き続き、本来なら結構胃が痛くなりそうな話なのに、なぜか笑いをこらえるの...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる