ブログパーツ

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #17「暗剣、牙を剥く」感想

※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。

-----------------------------------------------------------------------------------
















激突するアーチャーとランサー。拮抗する戦いの中、必殺の宝具を放つランサーに、アーチャーは自身の持ちうる最強の盾で応戦する。一方、士郎と凛はキャスターとの決着をつけるべく再び戦いを挑む。埋まらぬ実力差で窮地に陥るが、凛はとある奇策を隠していた。

STAFF
脚本:佐藤和治、絵コンテ:阿部 望・安田慎介、演出:青柳隆平、作画監督:菊池隼也・緒方美枝子



キャス子はランサーが士郎達に協力してる事を意外に感じてたみたいだけど、キャスターがアーチャーを配下に加わって引きこもってるとなるとそりゃ同盟の一つもするさ(聖杯戦争スレ並の発想)

葛木先生のシリアスな話の最中に凌辱ゲーのヒロインをやってるセイバーに草生える。
円卓の騎士「REC」

「今時紫のローブなんてどこの田舎者よって感じでさ」
ウクライナの田舎女だからな(一成並の感想)

煽りの一部だったけど、キャス子の工房が懐古趣味丸出しというのはちょっと切なさを感じる。

猪を舐めたらあかんで。カリュドーンの猪とかヴァラーハとかすげーぞ。
ディルムッドの異父弟はうーん……あとアレスはちょっとしょっぱい。

アーチャーとランサーの戦いは改変があるんじゃないかと戦々恐々してたけど、ちゃんとアーチャーがギリギリの所で凌いでる感が出てて良かった。そもそも戦闘シーン自体が短かったけど。

「たしかにオマエは戦上手だ。そのオマエがとった手段ならば、せいぜい上手に立ち回るだろう。だが、それは王道ではない。貴様の剣には、決定的に誇りが欠けている」
栄光と早死にというまさに英雄の生涯を歩んだクーフーリンと畜生な抑止力に掃除屋をやらされていたエミヤじゃ正反対なんだよな。

「ああ、あいにく誇りなどない身だからな。だがそれがどうした。英雄としての名が汚れる?は、笑わせないでくれよランサー。汚れなど成果で洗い流せる。そんな余分なプライドはな、そこいらの狗にでも食わせてしまえ」
「汚れなど成果で洗い流せる」とはよく言うよ。それが出来なかったから今こうしているんだろうに。

突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)と熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)の矛盾対決の映像はエフェクトに気合いが入ってんな。
CCCのせいで際限なくハードルが上げられた大アイアスとヘクトールの明日はどっちだ!?

何気なくdisられる大神宣言(グングニル)
まあ、アーチャーがオーディンの使うグングニルを見た事があるとは考えにくいし、ギルの蔵の中にあったものかバゼットみたいな伝承保菌者が使ったのを見ただけじゃないかってのがファンの間での考察だけど。フンディング殺しのヘルギの歌に出てくるダグと戦った可能性も微レ存。

キャス子の、久し振りに魔術で競い合ったのが楽しかったというのは本当に楽しそうな声色だったな。神話でのキャス子の人生を振り返るとそういう経験って少なそうだしね。

そして炸裂するマジカル八極拳。
初見の視聴者は士郎と同じように「えっ」ってなった事だろう。キャス子の「きゃあ」が可愛かった。

「でも、残念です。やっと望みが、みつかったのに」
「悲嘆する事はない。おまえの望みは、私が代わりに果たすだけだ」
「それは駄目でしょうね。だって、私の望みは」
―――さっきまで、叶っていたんですから。
前回も書いたけど、聖杯戦争に参加したからこそ望みが叶い、参加したからこそ断たれるのが皮肉。
hollowで若奥様を見て癒されてくるか。



「僕は、善と誠実を信じる。けれど俺は……悪逆をこそ愛する」
>誠実で理性的な善人。妙に自信なさげに振る舞う。自分の心の中に潜む「悪」に苦悩し、立ち向かおうとする悩める英霊。

>桜井光 ‏@h_sakura
>──「僕」は、人の善と誠実を信じる。けれど「俺」は……! と言う訳で『Fate/GrandOrder』TVCM第三弾の登場サーヴァント、アサシン。その真名、正体は一体…?
やっぱり蒼銀のフラグメンツのジキル博士とハイド氏っぽい?裏をかいてシャーロック・ホームズとジェームズ・モリアーティ教授かなと思ったりもしたけど。
アサシンという事で百の貌のハサンみたいにジキルとハイドが同時に出てきたりして。

巽君は酷い事になりましたね……流石は弟子のオプリヌスに人間としては三流と言われたパラケルススだぜ!
宮野真守は成功したワカメことペルセウスも演じてたな。マスターの伊勢三少年はぐう聖すぎるよね。








関連記事

テーマ : Fate/stay night
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ「Fate/stay night [UBW]」第17話「暗剣、牙を剥く」感想ヾ(*・∀・)/

ランサーとアーチャーの戦闘はすごかったな!ロー・アイアスをゲイボルクが1枚ずつ破壊していくのは熱かった!某ゲームもこういう速く激しいアニメシーンがあればよかったに・・・ ...

Fate/stay night UBW 2ndシーズン #17 コメント感想

暗剣、牙を剥く

Fate/stay_night_UBW_2nd 第17話「暗剣、牙を剥く」 凛のキャスター対策とアーチャーの真意

セイバーの存在を忘れていたとしても、視聴者に落ち度はない。 ランサー戦は、いつの時代も作画良いですね。 アーチャーのアイアスは、アニメでは初めて観たかも。なんかATフィールドみたい。 以下ネタバレあり。 【Amazon.co.jp限定】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I【完全生産限定版】(C...

【アニメ】Fate/stay night [Unlimited Blade Works]  第17話「暗剣、牙を剥く」感想

思わぬ援軍を得た凛と士郎は、いよいよキャスターさんとの最後の戦いに臨みます。 普通に考えれば手も足も出ない状況から、よくぞここまで盛り返しました。 しかし、キャスターさんと葛木先生という難敵を打ち破るのは、凛の秘策次第というまだまだ危うい状況であります。 さあ、この戦いの結末やいかに? ということで、第17話の感想になります。 ※ 重要 「定期更新停...

Fate/stay night 第17話 『暗剣、牙を剥く』 凛は武闘派だった。

というか武道家。凛の師匠である言峰綺礼は武術の達人。Fate/Zeroでもその実力を遺憾なく発揮していた。しかし凛はこれまで、劇中の人物はおろか視聴者にも拳法を使うところを見せなかった。これは上手い。言峰綺礼は武術を教えていないと思わせる。魔術師が格闘戦なんて!ごもっともですがFate世界ではステゴロ上等な魔術師が多いです。葛木だけが例外と思っちゃったのは甘かったですね。 ゲイ・ボルグVSロ...

Fate/stay night UBW 2nd 5話「暗剣、牙を剥く」

評価 ★★★           助けてよしんじ・・・ _____orz___           しんじぃー・・・!! _____or2___   ○  らぁぁぁぁぁぁぁんさー!   |||         !? _ノ 从____or2___          

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる