ブログパーツ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第5話「魔道書(グリモア)」 感想

リリの助力を得て、ベルの冒険は、これまでにないほど順風満帆な様相を呈していた。戦闘に専念することで収入も増え、ファミリアの女神ヘスティアにも、ささやかながら恩返しができるほどに。だが、そんな幸運をもたらしてくれたはずの、リリの周囲に漂う不穏な空気。「なにが冒険者様……ですか」 独りつぶやき、薄暗い路地裏で虚空を見つめるサポーターの瞳――
そこに映るのは絶望、憎しみ……それとも……。


脚本:久尾歩 絵コンテ:佐山聖子 演出:佐山聖子 作画監督:上田峰子、冨岡 寛






ポリポリ食べてるミアハ様がリスっぽかった。

神様も二日酔いするんだな。
いやぁ、オリオンやケンタウロスは酒癖が悪かったですね。

デメテルは風音様か。
ゼウスってシスコンの気があるよね。「姉ちゃんに手を出すな。ぶち殺すぞ」的な。
デメテルの場合は単純に女として見てるだけかもしれないが。息子にだって容赦しないぞ。

ベルが昔読んだお伽噺の表紙ってネメアの獅子と戦ってるヘラクレスかな。

ファイアボルトと聞くとハリポタが浮かぶ。

速攻魔法発動!
俺は手札から「ファイアボルト」を使う!

「ヘファイストスが上げた手です!」
これ絶対中の人のアドリブだろ。

アイズ某の前からローリングで消えたシーンは面白かったけどダンジョン内で気絶した事を反省すべきじゃないかな。

ソーマ・ファミリアが崇めてるのはソーマじゃなくて酒。
あれ、ソーマ=酒じゃ?






関連記事

テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる