ブログパーツ

ハイスクールD×D BorN 第4話「迎撃、開始です!」 感想

ロキを倒すための武器ミョルニルを北欧へ取りに戻ったオーディン。リアスたちはオーディンが戻るまでロキの足止めを志願する。フェンリルとその子供ハティとスコル、五大龍王の一角ミドガルズオルムを模造したものまで引き連れているロキ。それに対し、バランスブレイカ―として覚醒した一誠をはじめ、修行によって力をつけた面々が戦いの中でさらに力を覚醒させ立ち向かう。双方総力戦で一進一退の攻防の中、ロキはついに神の力を解き放ち時空を破断させ始める。そのうえさらに巨大な北欧魔法陣から放つロキ渾身の一撃が一誠たちに襲い掛かる!

脚本:吉岡たかを 絵コンテ:なかの★陽
演出:南 康宏 作画監督:神田岳・清水勝祐・野本正幸・西山伸吾


ラグナロク回避の為に上位陣を連れて行けないのは面倒だな。

アーシアは連れて行くべきなんじゃないのかな。露骨な製作者の都合を感じる。
そしてフェニックスの涙から漂うドラゴンボール連載後期の仙豆臭。

真面目な話をしてるのにパンチラはどうよ。
迂闊な夢語りは死に繋がるぞ。

フェンリルだけじゃなくてハティとスコルまでいるのか。
芸人に協力する子や孫はマジで良い子。でもヨルムンガンドやヘルは来てくれなかったか。

イリナちゃんマジ天使。
人間から天使はエノク→メタトロン、エリヤ→サンダルフォン、メルキセデクなんかがいるな。アザリアはちょっと違うしウリエルは逆パターンか。

小猫はまだしも朱乃が自分の血筋を受け入れるのは展開速いな。

匙の龍はヴリトラか。木にも石にも鉄にも乾いた物にも湿った物にも傷つかず、インドラが昼も夜も攻められないヴリトラといい神にもアスラにも人にも獣にも昼にも夜にも家の中でも外でも、地上でも空中でもどんな武器にも殺されない体を持つヒラニヤカシプや神にもガルーダにもナーガにもヤクシャにも殺されないラーヴァナといいインド神話はぶっ飛んでるというか子供の喧嘩みたい。

あんだけデカいのに皆フェンリルの事を警戒しなさすぎである。
ミョルニルだけでなくトールも連れてくれば良かったのに、と思ったがサーゼクス達が戦えないのと同じ理由で無理なんだろうか。

なんかシリアス風味だけど次回予告であっさり復活してるイッセー。
レイヴェルから貰ってたあれがあれだったんだろうか。








関連記事

テーマ : ハイスクールD×D
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハイスクールD×D BorN #04 コメント感想

[ 迎撃、開始です! ]

ハイスクールD×D BorN 第4話 『迎撃、開始です!』 仲間の死で主人公の怒りが爆発するのは良くあるけれど。

主人公が死んで仲間の怒りが爆発。というのは珍しい。多勢に無勢ながら神であるロキの強さは半端ない。しかしこれはオーディンがミョルニルを持ち出すまでの時間稼ぎ。そして遂にミョルニルが来た!託されるのは無論主人公のイッセーです。 ここから一発逆転と手に取ろうとした瞬間、フェンリルにガブリ。変身中や必殺技出そうとする時に攻撃するなんて、敵のくせに空気の読めない奴です。そしてこのメンバーにはイッセーを...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる