ブログパーツ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第4話「そして、由比ヶ浜結衣は宣言する。」 感想

生徒会長選挙に解決策を見いだせないまま、葉山の頼みと陽乃の脅しにより、折本&仲町の女子2名と葉山とのデートにつきあうことになった八幡。途中、ふだんから葉山を気にかけている三浦優美子やいろはとニアミス。入ったカフェでは雪乃と結衣が現れる。
そこへさらに陽乃も加わり、またしても事態は思わぬ方向に。そして雪乃は、生徒会選挙に対し独自の決断をする。それを知った結衣は…。

脚本:大知慶一郎
絵コンテ:RoydenB
演出:橋口洋介
作画監督:川島 尚・袴田裕二・立田眞一



海老名「葉山君と比企谷君がデートですって!?」

まだ小町との関係がギスギスしてるのか。速く仲直りしてOPみたいに仲良くしてほしい。

時間が経っているとはいえ、一方的に願望を押し付けてただけで本物とは呼ばないと自己分析出来るヒッキーは確かに自意識の化物(材木座が好きそうなフレーズだと思ったのはここだけの話)

(パンツ!ピンク!意外!)
ここは笑った。

色んな人に愛されたいから可愛い自分を見せるがヒッキーには素を見せるいろはす。
ヒッキーが自分で言うように興味がないからなんだろうけど、そういう遠慮のない関係の方が結構上手くいったりするんだよね。

自分が評価してるヒッキーをdisられてイラっとするのは分かるけど(既視感あったけどあれだ。俺物語の砂川だ。どっちも主人公江口君だし)
デートに付き合ってやってやる葉山はちょっと怖い。
ってか逆恨みされそうであんまり良いやり方とは言えないな。折本の場合は葉山に本気って訳ではないから大事には至らなかったけど。
これまで全方位丸く収めようとしてきた葉山だからこういうのは不得手なんだろうか。

誰かにやらせたり押し付けるのがお母さんそっくりらしいゆきのん。雪ノ下家の闇は深そうだ。
ヒッキーは分かってるようで分かってないな。

ヒッキーの主観では自分の行動は誰かの為の自己犠牲じゃなくて己の信念に基づいた自分の為の行動なんだろうけど、周囲から見ると痛々しいものがあるよね。

全ての人がヒッキーの事を嫌っているのは自意識過剰というゆきのんの発言を遠回しな告白?と考えてしまうカプ厨な自分。ガハマさんの二度目の好きも。

奉仕部を守る為に生徒会長選挙に立候補するガハマさん。
出来る事もやれる事もない彼女が見つけた自分に出来る事なんだろうけども、ガハマさんが会長になっても奉仕部は今のままではいられなさそう。

楽しげな掛け合いとは対照的に不穏なサブタイトル。







関連記事

テーマ : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第4話 4/24 あらすじと感想 #oregairu

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX(初回限定生産)(特典CD付) 真似は、なかなか出来ないよw。  冒頭は、隼人くんが八幡くんに頭を下げて、お願いするシーン。前回登場の折本かおりちゃんたちとのデートに同行して欲しいということらしい。だが、八幡くんとしても、失恋した相手と一緒に行動することは、好ましくない。よって、このときは、八幡くんは断っている。  そ...

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 ♯04

「そして、由比ヶ浜結衣は宣言する。」 評価 ★★ 俺の青鬼?           

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 #04 「そして、由比ヶ浜結衣は宣言する。」

== すれ違いと自己犠牲の連鎖 ==  どうも、管理人です。とりあえず、書き始めたは良いものの、ちょっと寝落ちの不安が。寝落ちしたら、普通に昼頃更新になる…のだろうか。 === 八幡:「パンツ!ピンク!意外!」 ===  今回の話は、生徒会選挙の依頼をきっかけにした奉仕部分裂の危機と、それぞれの決意を描いた話。前回までと比べるといくらか胃に優しい展開ながらも、相変わらず面倒...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる