ブログパーツ

シドニアの騎士 第九惑星戦役 第2話「能力」 感想

シドニアの進路上に現れた奇居子ガ549に苦戦する長道たち。するとそこへ白羽衣つむぎと名乗る新型奇居子が姿を現す。ガ549に攻撃を仕掛けるつむぎに言葉を失う衛人隊だったが、同士討ちをしている隙に両者の撃破を画策。しかし、長道はつむぎが敵でないことを察知し、ガ549の撃破を手助けする。 つむぎが発する声は、かつての仲間だった星白閑(ほしじろしずか)を思わせる声で……。


ユレ博士も乗っ取られるんじゃないかとヒヤヒヤしたわ。
落合から見れば孫もいるユレ博士も娘扱いか。
シドニア
を使うと思考とか発想が本人に比べて劣化するのかな。

衛人がやられたのを見て自分への負担も省みず本気を出すつむぎは良い子。

衛人ならいつでも直してやるという丹波さんの頼もしさ。

PVにもあった台詞だけど、幾ら人間の意識があると言われてもつむぎの外見を見て生まれたばかりの子が生身で戦わなくちゃいけないのは可哀想だとはなかなか言えないよな。撃った事を謝ろうとしてた弦打も。
一方で敵視するその他の気持ちも分かる。視聴者は諸々の情報から彼女が敵じゃないって判断出来るけど、作中のキャラクターはそうじゃないしね。見た目は奇居子だし、もじもじしながら尻尾を揺らすのも視聴者にすりゃ可愛いが作中の人物の視点だと暴走したようにしか見えん。

それにしても中のつむぎは完全に恥部である。

なんつーか、不死の船員会は一期の時から「あ、こいつら死ぬわ」感が半端なかった。
「脳に重力不適合」発言も返されて、本当に小物だった。


テーマ : シドニアの騎士
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(;´∀`)チンry…触手ヒロイン登場 ~シドニアの騎士 第九惑星戦役 第2話「能力」~

誕生したばかりのつむぎちゃんが戦闘に駆り出されるのを可哀想だと言う谷風。確かに戦闘体型のつむぎちゃんは細身でくびれあってスカートっぽい下半身という触手よりよほど女の子っぽい様相だが、なかなか凄い発想だ。相変わらずのイケメンタルで主人公らしくてカッコ良いが、ご飯粒ついてんぞw

シドニアの騎士 第九惑星戦役 #02「能力」

不死とは言ったが、あれは嘘だ。 不死の船員会ってことじゃなかったんですかぁぁぁぁ! あれ中身また変えられるの?外側しか変えられませんよね? 艦長が黒いけど……。 落合が完全復活していることには気づいてる? ・敵か味方か つむぎちゃん可愛ええええ(*´Д`)ハァハァ まさか人外萌…しかもグロイ容姿のつむぎ本体に萌える日が来るとはww それにしても強いなぁ。どうやって戦うのか...

シドニアの騎士-第9惑星戦役- 2話「能力」

・OP 前シーズンと同じangela。軍歌風なのは「シドニア」と一緒だが、「シドニア」と比べるとねぇ ・海苔夫に呼ばれたユレ ユレは海苔夫に呼ばれて岐神開発のラボへ。そこには開発中の融合個体がいた。 艦長に研究の許可をもらうにはユレ博士の力が要ると説く海苔夫のシーンはここに持ってきたか。 ・つむぎは 人間と同じように心臓がありそこが弱点らしい ・勢威は つむぎを敵...

シドニアの騎士 第九惑星戦役 2話「能力」

評価 ★★★ でも……来て、よかった!                

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる