ブログパーツ

お命デストロイ

体調が悪かったんで薬を飲んだけど、個人的な印象ではパブロンよりクニヒロの方が効果ある気がする。220錠の方がコスパは良いんだけど、成分が違うんだよな。

総合かぜ薬A「クニヒロ」 24錠
イブプロフェン 450mgd-クロルフェニラミンマレイン酸塩 3.5mgチペピジンヒベンズ酸塩 75mgdl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mgグアヤコールスルホン酸カリウム 250mg無水カフェイン 75mgチアミン硝化物 25mgリボフラビン 12mg

新総合感冒薬「クニヒロ」 110錠
クレマスチンフマル酸塩 1.34mgリゾチーム塩酸塩(リゾチーム) 60mg(力価)アセトアミノフェン 900mgジヒドロコデインリン酸塩 24mgdl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mgグアヤコールスルホン酸カリウム 240mg無水カフェイン 75mgベンフォチアミン 24mg

総合かぜ薬「クニヒロ」 220錠
アセトアミノフェン 270mgエテンザミド 1050mgデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 48mgdl-メチルエフェドリン塩酸塩 60mgクロルフェニラミンマレイン酸塩 7.5mg無水カフェイン 75mgアスコルビン酸カルシウム 500mg

どうしよう。


アイドルマスターシンデレラガールズの新田美波のあれでDTBの銀を思い出した視聴者は多そう。


知り合いが場所を説明する時に「~の対面(といめん)」と言ってて(こいつ……まさか!?)となった。


箸とふりかけを両方忘れるという大チョンボをかましてしまった。お陰で昼はバナナオンリー。


日本一ソフトウェアのランキングでぶっちぎりだった炎の料理人クッキングファイター好って凄いなぁ(棒)


うたわれるもの2はどうなるんだろう。


お命デストロイ
ガンスリンガーストラトス、ニトロプラスが協力してるんだから刈流兵法や吉野御流合戦礼法を使うキャラが出ないかな(願望)


プラスティック・メモリーズ 第1話「はじめてのパートナー」

現代より少し科学が進んだ世界。18歳の水柿ツカサは、世界的な大企業SAI社で働くことになった。

SAI社は、心を持った人型のアンドロイド、通称“ギフティア”を製造・管理する企業で、ツカサはその中でも、ターミナルサービスという部署に配属される。

だがそこは、寿命を迎えるギフティアを回収するのが業務という、いわゆる窓際部署。しかもツカサは、お茶汲み係をしているギフティアの少女・アイラとコンビを組んで仕事をすることになってしまう……。


その笑顔を僕は信じる。君に魂がなかったとしても――。

人工の心……心ってなんだろうな。
お婆ちゃんの世話をするのが好きとか一緒にいたいってのがプログラムじゃなくて心だと誰が判断出来るんだろう。

81920時間
実況でソニータイマーと言われてたけど割とガチでありそう。

ぽんこつヒロイン可愛いぜ……!(アナログハックを受けながら)
ただ……呼び鈴が押せなかったり手摺りから跳ぼうとして落ちたのって寿命が近くて記憶に齟齬が出てるからっぽいんだよなぁ。

排泄機能を付ける製作者は変態すぎる。未来に生きてんな。

ターミナルサービスは思い出を引き裂く仕事。終盤、引き裂かれる側になりそう。

原作・脚本:林直孝(MAGES.)
 監督:藤原佳幸
 キャラクター原案:okiura
 キャラクターデザイン・総作画監督:中島千明
 プロップデザイン&総作画監督:菊池愛
 色彩設計:石黒けい
 美術監督:川口正明
 美術設定:高橋武之
 撮影監督:桒野貴文
 メカニカルデザイン:谷裕司
 3D・CG :渡邉悦啓
 編集:平木大輔
 音楽:横山克
 音楽制作:MAGES.
 音響監督:土屋雅紀
 音響効果:小山恭正
 アニメーション制作:動画工房

 水柿ツカサ:内匠靖明
 アイラ:雨宮天
 絹島ミチル:赤﨑千夏
 ザック:矢作紗友里
 桑乃実カヅキ:豊口めぐみ
 コンスタンス:日野聡
 縹ヤスタカ:津田健次郎


花燃ゆ 第13回「さらば青春」

久坂と雲浜の話はもう少し掘り下げられたんじゃないかな。

なんかこの井伊直弼は自分自身の手で安政の大獄を実行しそうな風格があるよね。
一つ、人の世の生き血を啜り、二つ、不埒な悪行三昧、三つ、 醜い浮世の鬼を、退治してくれよう、桃太郎。

後の歴史を知ってる視聴者にとってみれば長州の上層部は愚鈍に見えるけど、松下村塾の面々も性急すぎる。
幕府という制度が限界を迎えてたのも事実なんだが、暗殺の計画を進めるあいつらはキ○○イ。
先生と呼ばれるに値しないと言われても仕方ない。

吉田稔麿の家族の話を辛い。
家族を養うなんて大義の前には些細な事だと力なく笑う所は痛々しすぎる。

寅兄の事を誇りに思ってるけど許す事は出来ないおとん。
皆が自分の正しさを信じるが故に混沌としていた革命期である幕末に生まれてさえいなければこの親子もここまで拗れずにすんだだろうに。楠木正成や赤穂義士の話を聞かせたのを心底後悔したんだろうな。

吉良義央「忠義を尽くし、悲壮な死……ねぇ?」









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる