ブログパーツ

戦国無双 第十二話「日本一の兵」 感想

大坂夏の陣、開戦。徳川と豊臣の、そして戦国乱世最後にして最大の戦いが始まる。
もののふとしてのすべてをこの戦に賭ける真田幸村は、徳川家康ただ一人を目指し戦場を駆け抜ける。幸村の前に本多忠勝が、稲姫が、そしてついに兄・真田信之が立ちはだかる。
――この日が来ることは知っていた。互いの信じる道を刃に込め、兄弟は命を懸けてここに激突する。



家康の「全軍出陣」の後のモブの動きは体育祭でやった事がある。

幸村を狙わずに城を落とせと高虎に命じた秀忠は信之が言ってたように太平の世を治める資格がありそうだと思った。
父を救う為に前線に向かう所では「成長したな……」と感慨深い気持ちに。

家康が大筒を使わなかったのは秀頼の言葉以外にも、乱世でしか生きられない浪人共をここで一掃するという意図もありそう。

幸村じゃなくてこっちが逝ったかー……と思ったら生きてた。
三成マジツンデレ。

「その潔さを、何故新たな世に生かそうとしない」
その潔さを 、なんでもっと上手に使えなかったんだ!持てる能力を、調和と協調に使えば、地球だって救えたのに!

幸村の討死の所で新選組流亡伝の中島三郎助の最期を思い出した。
>フン、一拠点の将相手に寄ってたかって飛び道具かい。手柄首も何も無く誰が誰を殺したか分からなくても構わない戦場、ね。いや、それに文句垂れるやつが古臭いだけだな。色々なものが失われ代わりに色々なものを得る時代が来るんだろうが……俺みたいなやつは住みにくい時代らしい。
あれは幕末だけど。

幸村の死は悲しいけど、敗死したからこそ滅びの美学とか判官贔屓が大好きな日本人に大人気になったんだよな。楠木正成とかも。
薄桜鬼も大体史実通り、むしろ実際は生き残った斎藤一なんかが明らかに死んでて「これ、乙女ゲー原作なのにイケメンがばんばん死んで大丈夫なの?」と思ったら逆に生き残らせたら非難が出ると聞いて「へー」と思った。

「来年もまたここで花見をしよう」
「はい」
これは不意打ちだった。

関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
リンクフリーなのでお気軽にどうぞ。

とうゆき

Author:とうゆき

 
最新記事
カテゴリ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる